サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

だから日本は世界から尊敬される(小学館新書)

だから日本は世界から尊敬される みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

カワイイ!

2015/10/08 02:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:天空人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなにも深いところまで日本の精神性を見抜き、かつ、愛してくださって入ることに驚きと尊敬を禁じえません。たいていの日本人より日本のことを深く洞察されているように感じました。
また、天皇陛下とお会いするときのエピソードはなんとも微笑ましいかぎりですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/12 10:17

投稿元:ブクログ

外国駐在大使の視点で、日本特有の美点を解説してくれる本。
こう書くと、良くある?日本礼賛の本に近いものがあるが、他とはことなる特徴として、
・天正遣欧少年使節をはじめ、戦国のヨーロッパ使節の困難を日本人に知って欲しいという思いから、丸々一章を使う。
・昨今の中韓問題に対して、外国人大使の目から忌憚ない持論を明記する。
という点があり、客観性を弱まるものの、著者の思いは伝わる本でした。

2014/10/02 00:13

投稿元:ブクログ

この本にも書いてあるとおり、自分も日本のことについてよくしらない一人(特に自分の場合、学生のころは歴史が不得意科目だった)。この本を読んでそれを強く実感した。そりゃ、尊敬されるよなと。はたしてその尊敬されるようなことをこれからの日本人もやっていけるかどうかが今後の課題なんだろうな。
伊東マンショなんて人物を初めて知った。今から400年以上も前にローマへ行って、日本に帰ってきた人の一人らしい。でも、これはむしろヴァリニャーノという海外から来た司祭のほうがすごい気もしなくはない。
後、日本が負けた戦後、GHQによって靖国神社が焼き払われそうになったり、日本の文字をかな漢字をなくしてローマ字にされそうになったんだとか。ローマ字ってどうなんだ。英語にするならともかく。
トルコが親日というのは聞いたことがあったけど、その理由を初めて知った。エルトゥールル号遭難事件というのがきっかけらしい。外国人が今以上に珍しい時代にそんなことがあったのかと。
後、日本書紀について、名前はよく聞いたことあったけど、これも全然中身は知らなかった自分(多分、歴史の授業で習ったんだろうけど)。日本にもアダムとイブみたいな人がいたのか。イザナギとイザナミというらしい。このへんぐらいは日本人としてもっと勉強しておいたほうがいいのかも。
ところで、著者は集団的自衛権についてはどう思ってるんだろう。書いていそうで最後まで言及されてなかった。現在の政治問題だからあえて書かなかったのかな。読んで見る限り反対なような気はするけど。

2014/07/02 20:10

投稿元:ブクログ

日本を褒める褒める本は数多く出版されているが、日本人による啓蒙書としてしか見れなかった。

しかし、欧州の小国、在日大使団団長の西洋人からなる日本論、日本人論は興味深いものがあった。

著者は日本の文化を理解し、尊敬の念を抱いてくれている。同時に、宗教的側面や、精神性をも汲み取っており、筆者の素養を感じることが出来た。

マンショに関する記述が後半は多かったが、総じて素晴らしい本であった。

2014/10/10 23:43

投稿元:ブクログ

書かれている文章を額面通り受け取るか、それとも、その奥にあるものを読み取ろうとするかで、この本の意味は随分と違ってくる気がしますが、とりあえず、額面通り受け取るのが、素直な読み方だと思います。

この本に書かれている天正遣欧使節団の話と、天皇の話は、現代に生きる日本人が知っておかなければならないことだと思います。

が、ちょっと日本人全体を褒めすぎな感はあります。
おそらく、著者が接する人たちのレベルが高いために、日本の印象が高ぶれしているのだと思います。
平均的な日本人との間には、大きな差があるように思いました。

2014/06/12 22:19

投稿元:ブクログ

よくこの手の本で取り上げられているエピソード(杉原千畝,エルトーゥルル号事件,いただきます,もったいないなど)が多い。特色としては,今上天皇についてや天正遣欧使節について書かれていることである。

2015/01/10 16:43

投稿元:ブクログ

とにかく日本と日本人を褒めちぎっている。
もっと自分の国の歴史とか文化を知らなければならないと感じた。

7 件中 1 件~ 7 件を表示