サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

ぜんぜん普通です。

2017/03/31 12:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルイージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここでの評価が大げさで、舶来洋物を崇拝しすぎですね。内容自体は極めて真っ当ですが、本の装丁をキレイにしただけで、書いてあることは写真家なら知ってて当然の内容です。知らなければ一読の価値はあると思いますが、日本の写真学校の先生でもこのレベルの講義をする人はいるでしょう。これまで日本では知られてこなかったのも普通なのだから頷けます。本棚に飾ってあればちょっと自慢できそうですが、ドヤ顔で絶賛するほどではありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/06 22:22

投稿元:ブクログ

世界の写真が広告の周りで発展し、表現としても広告としての見せ方が主流、つまり掲載されたものとしての写真が一般的な現代において、イタリア写真が後進的に感じられるのは、その絵画性の故なのかと腑に落ちる。芸術絵画の延長としての写真があるとすれば、思考もまた絵画に近いのだという証左のような本である。

2016/07/13 10:14

投稿元:ブクログ

文字通りの写真講義。興味深く拝聴できる部分と、退屈に感じる部分があるところも講義らしい。これは写真を撮るときの心得として、留めおきたいと思う言葉が数か所あったのが本書を読んだ収穫となった。(★4はこれが理由)
著者の仕事としては、モランディのアトリエくらいしか知らなかったので、仕事の幅の広さにちょっと認識を新たにした。

2014/05/23 18:55

投稿元:ブクログ

読んでも、巧くはならないけど。気持ちは、、、

みすず書房のPR
「「モランディのアトリエ」の写真で知られるルイジ・ギッリ。写真の歴史から自作の技術まで、全13講。作品他253点をカラー収録。」

2017/04/17 18:45

投稿元:ブクログ

写真についての講義録。
静かな言葉、穏やかな写真、美しい造本。
語り口はぶっきらぼうで、テクニカルな説明には退屈なところもあるけれど、彼の写真を見て、巻末の評伝を読むと、なぜそこをクドクドと説明しなくてはいられなかったのかが、わかるように思う。

レコードジャケットについて論じる、他の講義と比してバランスを欠いて長い「音楽とイメージ」の関係も興味深い。今はデジタル配信の時代になって、さらに全然違う関係になっているのを知ったら、彼はなんというだろうか。

5 件中 1 件~ 5 件を表示