サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

チャイナハッカーズ

チャイナハッカーズ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/09/14 13:39

投稿元:ブクログ

中国のハッカー史とその調査方法の一部をつらねたエッセイみたいなもの。ハッカーの発言の解釈と、中国インターネットの検索だけで調べていく過程は面白いものがある。が、いかんせん、簡体字が多く、正直、読みにくくてたまらん。これでもかなり減らしたとも思われ、しょうがないのかもしれないけれど。でも、ともかく中国のサイバークライム、サイバー犯罪については、ジャーナリズム的に空中戦的なものばかりで根拠がわからんかったところに、この具体的な解説はうれしい。マイルストン的な本じゃなかろうか。

2015/03/20 19:04

投稿元:ブクログ

1995年ぐらい~現在までの中国ハッカーの様子にフォーカスし、祖母が中国人と言う筆者・中国ハッカーウォッチャー視点で、その系譜をハッカー具体名を交えて語っています。日本ではあまりハッカーが注目された時代がない印象ですが、中国ではコンピュータ好きのハッキングが、ナショナリズムとくっついることが日本でも報道されています。そのせいもあって、一般に、中国ハッカーは政府に雇われた「赤の軍団」的印象が強いですが、筆者によれば、中国ハッカーも国が先にあったのではなく、自律的に現れたハッカーが、ナショナリズムに後押しされて力を増していく、という様子だったことを明らかにします。中国語でハッカーは発音が近い「黒客」と書くらしいのですが、ナショナリズム的ハッカーだから赤色を添えて「紅客」と言うのだそうです。
本書全般、筆者の中国ハッカー愛を感じます。前半分ぐらいまでの、ご自身の経験・観察からのストーリーやハッカーインタビューからの洞察は、とても示唆に富んでいると思いました。言うなれば、本書は中国ハッカー文化のケーススタディ(事例研究)として見ることができます。後半になると、中国共産党とセキュリティ界隈の人材が如何に繋がっているかについて、状況証拠から明らかにしようとしていて、いよいよ事例研究、トライアンギュレーション(社会学で言う多視点からの研究)って感じなのですが、そちらはちょっと説得力に欠けていて残念。ただ、ストーリーだけではなく、様々な証拠から真実を紡ぎだそうという姿勢は個人的にとても共感できました。よりトータルな視点からのハッカー像に迫っていただきたい。次回作に期待。

2 件中 1 件~ 2 件を表示