サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

オロマップ 森林保護官樋口孝也

オロマップ 森林保護官樋口孝也 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/10/29 18:14

投稿元:ブクログ

 『焔火』『光る牙』の長編二作で、引き締まった文体と骨太なストーリーを見せつけてくれた新人作家吉村龍一は、自衛隊出身の硬派な作家として今後も期待される。山形県生まれということで東北や北海道の厳しい自然を好んで舞台にしてゆく傾向もあり、北方至高のぼくのような読者には嬉しい限り。

 本書はその吉村龍一初の連作短編集となる。初のシリーズ・キャラクター造形でもあり、今後長編かも期待されるどっしりした筋構えの一冊だ。六編の長編から成るが、半分は『小説現代』掲載、半分は書き下ろしと、意欲作であることが見て取れる。

 主人公の樋口孝也は日高の森林保護官として、先輩職員の山崎とふたり、この広大な山岳に起こる様々な事件と取り組んでゆく。まるでワイオミングのディック・フランシスと称されるC・J・ボックス描く猟区管理官ジョー・ピケットのシリーズのようだが、あちらはあくまでミステリーであり銃撃すら逃れられないアメリカの暴力に満ちた世界が舞台になるのだが、こちらの森林保護官は日本の北国の山脈に発生する自然災害、獣害、人災などなどを、日々の生活や人間関係や青春の真ん中で、地道に解決してゆくだけだ。

 でもそれだからこそ現実の重みと天然自然の厳しさ、優しさが、人間らしい生活の中に組み込まれているこの世界が、北海道のどちらかといえば森林地帯田園地帯の境界線に暮らす読者から見れば愛おしいし、その作品世界は無骨で美しい。こういうシンプルな人間の営みをこうも面白く読ませる筆力も並ではなく、今後も活躍が大いに期待される作家だし、今の若さゆえの血潮を失わずに純潔な自然冒険小説の書き手として継続して頂きたい。まさにこの一冊、近年の宝と感じられる作品集である。

2015/06/11 23:46

投稿元:ブクログ

なんかの続編だったようで、ところどころ前作のエピソードが垣間見えたが、これだけで読んでも充分楽しめる。
ただし、野生動物といえば野良猫くらいしかでないところに住んでる身としては、羆やらエゾジカやらが普通に出てくるシーンが、正直実感できない...

2 件中 1 件~ 2 件を表示