サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

猫弁と指輪物語(講談社文庫)

猫弁と指輪物語 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (16件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
30 件中 1 件~ 15 件を表示

2014/07/09 22:28

投稿元:ブクログ

野呂さんがある意味主人公。
素敵な恋のお話でした。

そして、シンデレラシューズの会長がまたも登場。もっと登場して欲しい。

いつだってあったかい。続きが読みてくて、夜更かししてしまった。

2014/06/30 21:02

投稿元:ブクログ

1、2と面白かったので、今回も購入。
猫を絡めつつ、登場人物それぞれの生い立ちからくる感情や行動を含めた、愛情がある話で、うっかり鼻の奥がツーンとしてしまいました。文章が読みやすいところも含めて、読んでよかったと思う物語でした。
百瀬先生と大福さんの遠回りだけど、一歩一歩距離を近づけていく関係が、かわいらしいです。野呂さんと七重さんも物語にいい味を出していて、今回で一気に好きになりました。

2015/01/28 23:55

投稿元:ブクログ

2015/1/27
これはすごい。
なんというかどこを切っても心が暖まる。
昨夜はあまりにあったかすぎて興奮して寝れなくなった。
だってすごいんだもん。
ほんまに誰のどの行動も優しいし、他人への評価も優しい。
ダメだ、うまく表現できない。
近頃で一番心をつかまれた本なんだけどなぁ…
最後の先生と大福さんのやり取りなんかほんとすごいのよ。

2014/06/21 22:35

投稿元:ブクログ

ストーリーの核となる謎が少々イージーだった気がしますが、全体として気持ちよく読める1冊でした。登場人物やエピソードが気持ちいいくらいにリンクしていきます。
この3巻では野呂さんの役割が結構重要ですけど、ドラマやるとしてらどうするんでしょう?

2015/09/24 15:31

投稿元:ブクログ

猫弁シリーズ、第3弾。
登場人物たちがますます愛おしくなってきます。
見た目は冴えないけど、頭脳は完璧!
…な百瀬ですが、変わり者なために、亜子との仲もなかなか進展しない。
いえ、人並に恋に悩むと言い換えた方が良さそうです。
今回は、芸能人とのふれあいが多いですね。
そして“母”がキーワード?
幼い頃に母と別れたせいで、自分は人間として未熟なんじゃないかと、ふと考えてしまう百瀬。
男はみんなマザコンなのかなあ~…と考えてしまう自分。
三千代さんは、もうこのシリーズの“母”の殿堂入りな感じがしますが、やっぱり七重さんもいいですね。

2015/05/10 19:58

投稿元:ブクログ

天才弁護士・百瀬太郎に持ち込まれた依頼は「密室猫妊娠事件」。そこに盟友の動物病院を訴えたいという、新たな依頼が降ってきた。しかし百瀬は、当日に婚約者との秋田旅行を控えていて…。「猫弁」シリーズ第3弾。。

シリーズ3作目。5年前に1作目を読んだ後、TVで2作目を観たため3作目から読み始めることにした。毒にも薬にもならない日常の謎系でホッコリするだけの話なのだけど、TVを観たせいか主人公ほかの姿かたちが浮かんで、5年前よりは楽しめた。
(C)

2014/12/25 15:38

投稿元:ブクログ

感想はブログでどうぞ
http://takotakora.at.webry.info/201412/article_9.html

2014/08/06 15:07

投稿元:ブクログ

いやもう、大福亜子ちゃんは天使だね。シンデレラのようにぴったりの靴(赤だけど)を履いて、登場するなんて。
いろいろな人の人と人との繋がり。
最後の野呂さんの指輪は大分無理を感じたけど、ハンスとまこと先生、そして白川ルウルウ、美容家まできっちり関係図がハマってすばらしい。
そして秋田の魔法使いのおばーさんの魔法の言葉。

2014/07/01 23:58

投稿元:ブクログ

良いお話。
読み終わってやさしい気持ちになれるシリーズ。
でも、な~んか進展したんだかしないんだか。

2015/04/03 21:32

投稿元:ブクログ

これを飛ばして第4弾を読んでしまったので、慌てて買ってきて読みました。

今のところこれが一番好きです。
まこと先生の身に起こることもいいし、野呂さんの過去も明かされる。

亜子はちょっとかわいそうだったけど、でも猫弁と結婚出来るんだからうらやましい。

2015/03/01 14:04

投稿元:ブクログ

猫弁シリーズ三作目。
「密室猫妊娠事件」って何だそれは?と思うタイトルでしたが内容はいつものほっこりストーリーでした。
全く女心の分からない猫弁先生にイラっとしてみたり進展しそうでしない二人の恋が歯痒かったり次の作品もとっても楽しみです。

2016/02/20 09:11

投稿元:ブクログ

相変わらずほっこりとする内容。
旅行の話は「まじでか?」っと思ったけど結果オーライかな。
まだまだ続きが気になります。

2014/08/06 16:32

投稿元:ブクログ

このシリーズ、なんか展開が都合良すぎる感が否めないんだけど、全体的にはホッコリして、いろいろストレスがたまっている日常に、一服の清涼剤の役割を果たしてくれている。
二人の関係の進展の無さも、ホッコリ感の内だと思います。

2015/09/13 12:02

投稿元:ブクログ

登場人物が皆善人で、ほのぼのした味わいが特徴のシリーズだったはずなのに、今回は数多くの伏線を張り巡らせて最後にきっちり回収するという本格的ミステリーのような趣向に満ちた内容でした。
オマケに太郎と亜子の恋愛も佳境に入り、目が離せない状態に…
間違いなくシリーズ最後作だと思います。

2014/07/05 18:31

投稿元:ブクログ

善意はその結果や成果のために良いものになるのではない。
それ自体が良いものなのだ。
最善の努力をもってしても、何も達成し得ない場合でも、
善意はそれ自体が価値をもつ。
それに・・・なんと言っても、女性は偉大です。

30 件中 1 件~ 15 件を表示