サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

気になるセリフ2つ

2014/07/13 20:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公達の通う学校を舞台にした、双子の天才児アル、ジェフとの戦いと、主人公達の出生の秘密が隠された鐙沢村(あぶみさわむら)でのエピソードから成る。

これまで、主人公達のARMSは、体の一部が変形して、強力なパワーを発揮する、という程度だったが、鐙沢村編から、それぞれのARMSの特徴が明確になる。

また、ARMSにつけられたコードネームが明かされる。
主人公、高槻涼は「ジャバウォック(正体不明の魔獣))」、新宮隼人は「ナイト(騎士)」、巴武士は「ホワイトラビット(白兎)」
それぞれARMSの特徴を暗示しているが、名前から分かる通り、「不思議の国のアリス」に登場するキャラの名前となっている。

ストーリーでなく、文庫に収録するエピソードについてだが、先の展開を知っている人なら、「そこで2巻目を終わらせる?!」という所で切られている。
次の巻を買わせたい、というのも理由の一つだろうが、おかげで3巻目がいきなり第一部の終わりのエピソードから始まる事になり、ちょっと違和感を感じた。

印象に残ったのは、アルとジェフとの戦いのクライマックス。

主人公達を生け捕りにしろ、という命令を受けたが、公共の場で騒ぎを大きくしすぎ、エグリゴリ(主人公達を狙う組織)に見捨てられたアルとジェフ。
二人を抹殺するために現れたエグリゴリのエージェント、キース・レッドにジェフは殺されてしまうが、アルは間一髪で武士が助ける。

その時の武士のセリフ。
「この子達も"人間"に触れた事がないんだ!!
"人間"とちゃんと接するのが怖かっただけなんだよ。」

だから、「自分達は特別な人間だ」という殻に閉じこもり、それ以外の人間には何をやってもよい、と思い込んだ。
言い方を変えると、"人間"は自分達だけで、"外"の世界は怪物が住む世界。
だから怪物には何をしてもよい、と思い込む。
なんだか、現実にも似たような事例がありそうな気がする。

もう一つ、気になった点は、エグリゴリの「クリムゾン・トライアッド」と呼ばれるサイボーグ兵士三人兄弟のうちの一人、ビィのセリフ。

最初、自分の機械の体を「化け物」呼ばわりされ、激高するが、戦いに敗れた後、非礼を詫びる武士に言う。
「いつの間にか機械の体が私の心までも覆い尽くしていたんだ・・・。
たしかに・・・
化け物だったのかもしれない・・・」

身の丈に合わない力を、突然、持ってしまうと、人は、おかしくなってしまうのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/25 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示