サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

本当に頭がよくなる1分間ノート術

本当に頭がよくなる1分間ノート術 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

それでいいんだ!

2016/09/28 18:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルーズリーフは片面だけ。一行開けてゆったりと使おう。
もったいない、ってちょっと思ってしまうんですが、ノートを見返さないほうがもったいないな、って今は思います。
復習に時間がかかると、結局何回もは見なくて、お蔵入りになったり、無駄に参考書を買ってしまったりします。
だから、自分の復習でのストレス軽減を重視するこのノート術は一理あると思います(本一冊でルーズリーフ1500枚くらいは買えますから)。
この本のノート術は極端なところもあるんですが、ノートとは何か、を見直すのにはすごくいいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/05 10:12

投稿元:ブクログ

石井貴士さんの1分間シリーズ。買ってきて、すぐに読み終えた。

p.57
よく、パンパンになったバインダー式の手帳を携帯している人がいます。
パンパンになっている時点で、整理ができていないことを証明してしまっています。


耳が痛い。
ルーズリーフノートを使うようにしているのだが、いつ必要になるかわからないからと、綴じたリフィルが増える一方で、リングの開け閉めに支障を来しているほど。

ノートは、あくまでも記憶するための道具。
覚えられないからノートに記録しておくと思っていたけれど、やっぱり大切なことは頭に入れておかなければならない。

2015/03/27 21:35

投稿元:ブクログ

<目次>
まえがき
第1章  まずはノートを取る目的を明確にする
第2章  A4ルーズリーフとA5ノートを同時に使いこなす
第3章  授業を聞くときのノート術
第4章  成績を上げるためのノート術
第5章  記憶を定着させるノート術
第6章  右脳を活性化させるノート術
第7章  スケジュールを立てるためのノート術
第8章  4色の文房具活用術
第9章  1ページ1秒で復習するためのノート術
第10章  勉強を楽しくするためのノート術
あとがき

<内容>
最近、生徒のノートの取り方をどう指導するか考えていたので手に取った。感想はまあまあ…。全般の4章ぐらいまでは体験からしても妥当性がある内容。ノートは自分が読める字で(丁寧である必要はない)、清書はいらない、行間を開ける、見開きの一方にしか書かない(この著者はルーズリーフを推奨しているので右ページと書いてあるが、通常ノートなら左ページか?)、略号や記号を多用して書く、暗記を繰り返すときに色を変えたり、記号でどれくらい繰り返したか分かるようにする、など。後半の崇章は蛇足か?

2014/10/08 18:58

投稿元:ブクログ

読みやすいのですぐ読めます。
最初ちょっと読むだけで、「私もノートを取らねば!」という気分にさせられます。エジソンの3700冊はすごい。

学生時代にこの本を読んでいれば、歴史が得意になれたかもしれない…!
ものすごく思い切った使い方になりますが、こういう使い方もあるのか~と目からウロコでした。
あと4色蛍光ペンの使い方も勉強になりました。そこだけカラーページにしてくれたのも分かりやすくて良かったですね。

2014/07/06 22:28

投稿元:ブクログ

あっという間によめます。エジソンがメモ魔だったことにおどろきました。
ゆったり大きく書く。大事ですね。
ノートとはあまり関係ないけど、2大目標をもつ。
夢を書く。
テンションをあげるアイテムでもあるらしい。

2014/09/24 23:38

投稿元:ブクログ

あっという間に読み終わった。
ちょっと物足りなかったというか?
学生がノートをとるコツみたいな感じ。

でもしばらく来年の手帳で悩んでいたのが
「やっぱり今までのノートで続けてみるか!」と
思えたかな?

2014/08/04 00:11

投稿元:ブクログ

ノート術本は大好きですが、色々これまでの自分の固定概念をいい意味でぶち破ってくれた本。立ち読みしたらスイッチ押されて新品購入しました。特に、ルーズリーフの利点や0.7mm程度の太いボールペンの価値や1ページ1秒で見直すスタイル、TODOは動詞で書くなど、斬新ですぐにも使ってみたい話が豊富で満足の一冊でした。

2015/02/20 01:15

投稿元:ブクログ

出来そうな内容とそうでない内容が両方ある。

でも、まねしてみたい部分があった。

少しずつ取り入れてみようと思った。

8 件中 1 件~ 8 件を表示