サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

エロマンガ先生 2 妹と世界で一番面白い小説(電撃文庫)

エロマンガ先生 2 妹と世界で一番面白い小説 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
19 件中 1 件~ 15 件を表示

2016/10/18 22:05

投稿元:ブクログ

エロ漫画先生モードの沙霧の行動がヤバすぎる。

エルフとSkype越しにゲームをし、
イラストを描く約束としてスカートをたくし上げさせる。
めぐみが友達のとっかかりとしてラノベを貸して欲しいと。
その対価としてめぐみはパンツを脱がされる…
どういう状況なんだ、それは。
そして、沙霧と約束した「アニメ化計画」を成功させるべく正宗は頑張る。
が、正宗の天敵といえるべき「千寿ムラマサ」登場。
実は正宗のweb時代からのファン。
そのムラマサが戦線布告。
ムラマサの正体は中二の兼業作家。
正宗に惚れている。
以前のように書けなくなったのは触発され続けたムラマサが正宗の作風を変えたから。
ガチ告白して振られる。
沙霧は部屋から飛び出して「渡さない」宣言。
ラノベ天下一武闘会にて、優勝を勝ち取った正宗。
すぐに執筆にかかる。

さすがにこれは物語としても行き過ぎではないかと思うのだが。
うん、男性が作家だとマジで思った瞬間だわ。
あまり自分は性別を問題にしないのだが。
面白ければいいので。

2014/05/11 08:04

投稿元:ブクログ

内容紹介
『兄妹の夢』を叶えるため、『妹小説(仮)』出版を目指す俺とエロマンガ先生。優勝作に出版枠が与えられる『ラノベ天下一武闘会』に挑む! しかしそこにレーベル最強の宿敵が現れ……。

内容(「BOOK」データベースより)
『兄妹の夢』を叶えるため『妹小説(仮)』の出版を目指す俺とエロマンガ先生―和泉紗霧。担当編集を説得するべく、和泉兄妹は協力して企画書を作り始めるが―そこに次々と大騒動が巻き起こる!『発売日は一年後です』容赦なく現実を突きつけてくる担当編集。『かくまって頂戴!』締め切りから逃げ続ける売れっ子作家・山田エルフ。『和泉ちゃんと同じものを好きになりたいんです』『やつをラノベにハメる』妹のクラスメイト・めぐみと、本屋の娘・智恵の初遭遇。とある理由から、どうしても今年中に新作を発表したいマサムネは、優勝者に出版枠が提供される『ラノベ天下一武闘会』に挑む!だがそこにレーベル最強の宿敵が参戦してきて…!

2014/05/21 22:27

投稿元:ブクログ

全体的にテンション高いなぁ。でも読みやすくて個人的には好みです(笑)新キャラが登場しても、隣の大小説家が存外(いや予想通り?)チョロめでも妹ちゃんのかわいらしさが上がってきてる気がしました。あと、お兄ちゃんは妹のこと好きすぎだろう(笑)まぁそこがいいんですけどね。私的には割とスカッと終わったように思ったけど、あとがき見ると3巻もあるようで一安心。しかし他レーベルの実在タイトルまで出てきてるけど大丈夫なのか?(笑)と思ったけど同じKADOKAWA系列とすれば平気なのかしら。

2014/05/26 14:09

投稿元:ブクログ

2014 5/23読了。Amazonで購入。
今度は義理の兄妹ラノベ、第2巻。
新たなるライバルの登場と進むハーレム化とか、かなり露骨になってきている妹とか、全体に1巻よりも好きかも。
山田エルフがんばれ。なんら勝ち目が見えない気もするけれども。よりによって今度は義理だし。

2014/08/02 12:41

投稿元:ブクログ

 『2014年 5月 10日 初版 発行』版、読了。


 シリーズ二冊目です。前巻からして、すでにブッ飛んだ内容だったのですが、今巻も何度か吹きながら読了。

 文体も読みやすく、マンガを読んでるかのようにスラスラ読めます。まさにラノベ作品らしいラノベ作品でした。

 この作者の主人公のポジションである、狂言回し的な立ち位置は、前作以上に安定感が出ていて、その上、前作の主人公の面影がちらついて仕方ありませんwww

 次巻も楽しみにしておりまする。

2016/10/30 09:31

投稿元:ブクログ

ますます快調な妹小説。ヒッキーな妹・沙霧に続いて、お隣に住むロリな同業者の山田エルフ、さらに和服美人の先輩作家・千寿ムラマサまで現れて、いよいよハーレム状態。しかし、イチャラブだけではない、それを超える仕事愛が心を打つ。

2014/05/25 23:13

投稿元:ブクログ

べたべたな展開だけどすこぶる面白くて、さすがは伏見つかさ。
書き方がもったいぶりすぎかな、とは思ったけど結局夢中になって一気に読んでしまった。
やっぱり紗霧のキャラクターがいい。

2014/05/25 09:04

投稿元:ブクログ

1巻にあった勢いがだいぶ落ちたかなと…100点満点中50点位面白かったです。
冒険したタイトルがこの先足を引っ張る事になりそうですね。

2015/08/09 08:25

投稿元:ブクログ

1巻のときに尻切れで変な構成だなあと思っていたが、2巻でも構成を変えてこなかったのを見て理解した、これはモジュラー形式だ! ……いや、小説家の内幕ものなんてイベント数の少ない舞台でモジュラー形式を選ぶのはちょっと理解しがたいが。

2014/12/01 21:46

投稿元:ブクログ

スゴイエロい絵を描く絵師(エロマンガ先生)さんと高校生ラノベ作家の物語の第2弾。
「出版は1年後」と言われた主人公は、納得いかず編集者に抗議する。
覆らなかったが、企画に参加して掴み取ってみないかと提案された。
しかし、そこに乱入者が…。

1巻でノリがイマイチだなと思っていたけど、今回で伏見ワールド(俺妹ワールドともいう)が全開で楽しめました!
ライバルの心の方も描けていたのもよかったしね!

所々でパロネタというか現実ラノベネタを挟んできたのがツボに入りました!
一番大爆笑したのは、『R.O.D』の新刊ネタ!
もう5年以上出てないからな(笑)

この巻で次をどうしようかと考えていたけど、読もうかと思います。
好みのキャラが出てくればいいな!

2014/05/22 13:30

投稿元:ブクログ

さて2巻です。『俺妹(改)』の要素を残しつつ、創作論/執筆論的な要素が入ってきました。ラノベなのでふざけて見える部分もありますが、意外とマジです。おそらく作者本人の主張を代弁している部分も多々あるのでしょう。巻頭折り込みカラーページのキャラ紹介の新キャラの立ち位置は、読む前に想像していたものとはまったく違いました。面白かったです。

2014/05/26 23:33

投稿元:ブクログ

一巻よりコメディ多めでキャラクターも増え楽しくなってきました。あざとさを楽しめる人向け。一巻であった業界の暴露ネタがもう少し読みたかったかな。

2014/07/04 21:23

投稿元:ブクログ

最後まで一緒に作る小説が、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」だったらどうしようと思いながら読んだ。

2014/09/17 07:46

投稿元:ブクログ

やっぱ面白いわ。
一巻ではすっぽり抜け落ちてて不満だっためぐみへのフォローもしっかり入ってたし。
相変わらず思わせぶりな文章だけど、俺妹の頃よりも毒が減ったような気がする。
神楽坂あたりが毒吐いてるけど、その辺をどう扱うかで今シリーズの雰囲気も見えてくるかなぁ。
まあ神楽坂が片付いても叔母さんあたりで作者の毒が撒き散らされるかもしれないんだけど。
三つ子の魂百までってやつかなぁ。
あんまり毒は吐かないで、コメディテイストで楽しませて欲しい。
続きにも期待。

なんにしろ、読み始めてすぐに面白いと感じたラノベは久しぶりだし、最後まで楽しんで読むことができたのも久しぶりな気がする。
本当に久しぶりに、面白いラノベをもっと読みたいなって気分にさせてくれた。
さすがに、今最も好きなラノベ作家が書いた新作だけある。
この作者に対して俺は非常に強い警戒心を抱いているんだけど、やっぱ面白いわ。

2014/09/05 21:33

投稿元:ブクログ

ラノベ天下一武道会とか熱いよね。
でも出来ればもっと多くの有名作家に絡んで欲しかったかも。
(名前だけは出ていた)千寿ムラマサも登場。
この娘がまた可愛くて色々絡んできてくれるのは面白いんだが、メインヒロインが決まってるとちょっと勿体無いなぁって思うシーンが結構あった。
相変わらず会話のテンポもいいし、キャラが魅力的でサクサク読み進められる。
一巻では書ききれなかった登場人物たちを更に掘り下げてるのも、深みが増して吉。

あなた100点満点中何点を付けますか?

19 件中 1 件~ 15 件を表示