サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

堕天使は瞑らない(光文社文庫)

堕天使は瞑らない みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

タイムリー

2015/11/24 12:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京で、同性間でも結婚と同じ扱いが認められる区が現れニュースになった。この報道は女性同士だったが、本書は逆に男性を扱っている。親の気落ちは複雑だろうが、そのあたりもしっかり押さえらえているし、二人のキャラクターも深く描かれている。時代を先取りした、というかタイムリーというか、いずれにしても興味深い作品dった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/09 22:21

投稿元:ブクログ

 
 バリ島で、挙式するために一組のカップルが出国する。
 結婚を機会に、自分を振り返ったり出会いを思い出したりするカップルなんだけど、新婦は男性だった。

 ここんと、マイノリティーを主人公にもってきてるのが多いっすね、大石氏。
 嗜好がマイノリティーから、存在がマイノリティーにシフトしてるのか?

 まぁ、それでも女性的存在に求める女性らしさが同じなのが、すごいけど。
 うむ。
 古典的な(?)女性らしさが死滅しつつある今、こういう極端な世界じゃないと、そういうものは存在できなくなっているのかもしれない。
 って、妖精かww

 物語は、おっと驚く展開になるのだが…。
 いや、そもそも男性としてのパスポートしかもってない女性の姿になっている新婦と海外で挙式しようとする男っていうが、間違ってるよな。物事の本質の問題を見抜けない、というか理解できない男だということなんだろう。
 でもって、人な結局そういう浅はかさによって転げ落ちてしまうのだろう。
 あああ。

2014/06/22 23:19

投稿元:ブクログ

トランスジェンダーの哀しみを描いた作品。誰よりも美しい「女」でありながら、女性にはなりきれない茉莉花。近年はそういう人たちに対する理解がかなり深まってきたとは思うけれど、やはり「結婚」とまでなると数々の障害が付きまとってしまうのは、あまりにしかたのないこと。
それでも必死に愛を貫き通そうとするカップルの行く末は、ハッピーエンドなのかあるいはアンハッピーエンドなのか。胸が痛くなるような緊迫感がいっぱいの作品でした。

2014/05/26 01:12

投稿元:ブクログ

大石圭がセクシュアルマイノリティをテーマにした作品は今回の作品を含め、3作品目。男性とニューハーフの恋愛。やはり、人を愛するという事には性別は関係ない。男女というカテゴリに分ける事が愚かに感じる。この作品を通し、少しでもセクマイへの偏見が無くなり、理解が深まればと思う。作品全体の感想は恋愛なので山あり谷ありといった感じで読んでいて切なくなった。エピローグの衝撃は忘れる事が出来ない。ファンとしてはあとがきもいろいろと衝撃的ではあった。

2015/05/07 15:00

投稿元:ブクログ

男とニューハーフの恋愛作品
ホラーかと思ったけど
最後にちょろっと
死人が出るだけで
大石圭独特のホラー感が
好きな私の好みの文では
なかったけど
これはこれですごく好きです。
散々不幸になったのなら
ハッピーエンドで
終わってもよかったんじゃ
ないかとも思いますが…
しかし日本はもっと
恋愛を広く受け入れて欲しいですね。
偏見だらけで悲しいです。

5 件中 1 件~ 5 件を表示