サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

hontoレビュー

かつては岸

かつては岸 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

時間の経過によって生じた「喪失」が、平穏な日常に皹をいらせ、葛藤を生む。

2014/07/20 16:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:abraxas - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこへ行くにも一時間という小さな島を舞台にすることで登場人物は限られ、出入りも少ない。全篇に古いモノクロームの映画を見ているような静かな時間が流れている。孤独で寡黙ながら、日々の暮らしを篤実に生きる人々の間に生じる心の交流とすれちがいを、感情を抑制した文体で書きとめてゆく。

著者は韓国系アメリカ人。1980年ニュー・ヨーク生まれというから、戦争当時のことは話に聞くか資料で調べたのだろう。冒頭に置かれた表題作「かつては岸」は、2001年にハワイ、オアフ島沖で起きた「えひめ丸」の事故を脇筋に、次の一篇では1947年春、竹島(独島)であろうと想像できる無人島で操業中の韓国漁船を米軍機が訓練中に誤爆した事故を主たる題材にとるなど、多くの主要な登場人物の人生に戦争(訓練も含む)が影を落としている。

この若さで、あの時代の戦争を自分の小説の重要なモチーフにすることに、戦後生まれの読者としては意外な感を覚えるのだが、支配、被支配の関係から言えば、支配されたほうが記憶にとどめているのは当然のことで、第二次世界大戦で破れた日本軍が去ったと思ったら、朝鮮戦争が勃発し、今度は米軍が侵攻してきた韓国にあっては、戦争当時のことは、済んだ話として済ませるわけにはいかないのだろう。とはいえ、作者は韓国系ではあっても、アメリカ人である。露骨な日本批判や反米思想が声高に語られるということはない。訳者もあとがきで触れているように、全篇にたゆたっているのは「揺るぎない静謐さに満ちた世界」である。

作者は過去と現在という二つの時間を操ることで、忘れていた事実の思いがけない想起や、日々の暮らしで忙殺され見過ごしてきた互いの間に広がる溝の深さへの突然の気づきといった「事件」を梃子として、静かに見えた日常に皹を入らせ、葛藤を生じさせる。その手際は若さに似合わぬ老練なテクニシャンぶりを見せる。特に、基調となっているのは時間の経過による「喪失」という主題である。

時代を第二次世界大戦、朝鮮戦争の頃に採ることで、戦中戦後の混乱による戦災孤児、戦病者、脱走兵といった過酷な運命に翻弄される人物を主人公、或は準主人公とすることが可能となり、短篇小説という限られた枚数の枠のなかに劇的な緊張を持ち込むことができる。しかも、直接に戦争を描くのでなく、幼少であったり、老齢であったりすることで、戦争という剥きだしの暴力によって心ならずも自分の人生を歪められ、自分に、家族に、肉体的、精神的欠損を生じさせられたことに、抗うこともできなかった人々が慎重に選ばれている。

鮫に片腕をもぎとられた少年、爆風で視力を奪われた少年、母を亡くした子、と「喪失」を象徴するモチーフの頻出は、一見陰惨なようにも思えるが、それを所与として生きる本人たちの一所懸命さに心揺さぶられ、読後感は悲哀のなかにも仄かな救いを感じるものが多い。たとえば、互いに長年言葉を交わすことを忘れていた「残骸に囲まれて」の老夫婦は、洋上に浮かぶ無数の遺骸の中から一人息子を探す作業を通じて心が一つになってゆく。

一つの島を舞台とすることで、つながる連作ならぬ短篇集だが、硬質の抒情性を漂わせた作品世界と独特の余韻を残す結末に共通するものがある。凛とした個性を感じさせる新進作家である。ひとつ気になるのは、訳のせいなのか原文がそうなのか分からないのだが、平易な言葉で綴られ、決して難しいわけではないのに、文意が通じず、意味の分かりづらい箇所が散見された。同じ訳者による『アヴィニョン五重奏』の方は、なかなかの出来だと思っているので、実際のところは、どうなのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/14 06:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/05 08:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/16 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/19 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/18 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/08 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/31 07:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/10 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/08 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

10 件中 1 件~ 10 件を表示