サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/07/10 22:59

投稿元:ブクログ

molecular gastronomyについてまともに紹介した日本語の本というのは、まあ伏木亨先生の本がそうだと言えばそうなんだが、一般向けの本としては初めて?くらいじゃないかしら。特に学問体系としての歴史、方向性までしっかりわかって面白い。
 ただ、思ったよりも化学系だったなあ。生化学と分子生物学がわかんないと、どうやら中身には近づけないのか。もうちょっと文化ネタ寄りの研究動向があればうれしかったが。

2016/12/08 23:21

投稿元:ブクログ

レストランの最新調理から身近な家ごはん、最新の調理方法や科学的分析方法など料理に関する様々な話題に触れてくれてて面白かった。科学と考えれば料理も興味が持てる。

2014/12/14 00:10

投稿元:ブクログ

題名の通り、料理の科学的分析だが、あくまで目的が「美味しくすること」であることから、無味乾燥ではなく、芳香漂う書籍となっている良書。エル・ブジ、分子ガストロノミーから始まり、脳科学的分析、分子化学的分析、料理・調理の科学、未来の美味しすぎる料理、と、話題は尽きない。
たまに専門用語が続いて分かりにくいところもあるが、飛ばして十分楽しめると思う。

2015/04/04 22:20

投稿元:ブクログ

分子美食学について。Cooking for Geeks よりも読みやすくはあるが実用的ではない。
やたらと学問的すぎて、むしろ、著者のブログの方が面白い。
http://yashoku.hatenablog.com/

2015/11/01 20:32

投稿元:ブクログ

化学が好きなので、全般に面白い内容だった。
料理を式によってモデル化出来るっていうのは驚いた。勿論、完全に表現できる訳ではなく、新たな料理法や食材の組合せの発見の為の1つのアプローチとして、という前提付きだったけど。
「分子調理」が著者の専門テーマだけど、どうやら自分的には受入れ難いらしくって、「面白い内容なのに、読んでいて眠くなる」という困った状態だったので、星3つ。

5 件中 1 件~ 5 件を表示