サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/06/22 23:35

投稿元:ブクログ

やれば何でも出来るという性質が、退廃でなく情熱に変換されてるキャラって初めて見たかもしれない。変人王子だ。前向きなのか頭がおかしいのかよくわからん。
まあ、上手く扱えれば有能だし、兄弟仲も修復出来たみたいだし、弟王子の頑張り次第によっては国を発展させるために有用かもしれないな。変な方向に向かわなければ、彼は勝手に自分で幸せになってくれる人だろうから、迷惑を被ることもなかろうよ、うん。

2017/01/24 22:49

投稿元:ブクログ

子供の頃に呪いをかけられ、人に嫌われるように。
そして人質として赴いた国で出会ったのは、元王子様。

ポジティブというか、それ人間無理だから、な王子。
世の中を冷めた目で見ている主人公にはよろしいかも?
弟との仲を持ってみたりしていますが
そもそもこの家族、妙です。
生まれた時点でそうすべき所を、そのままにしたため
こういう面倒な状態に陥ったのでは?
王と王妃の判断ミス、と言ってしまえばそれまでやも?

キャラが濃いせいで面白くないわけではないですが
そこまで続きが読みたい、という話でも。
元弟の靴の秘密は…なんとなく共感できます。

2014/11/27 23:23

投稿元:ブクログ

強気で無表情ヒロインが意外にツボだった。
小野上さんは、そこそこ安定して読めるからいい。
きゃきゃきゃのきゃーだけはいただけなかったが……。あれはもう、途中でぶん投げた。

2014/11/01 14:28

投稿元:ブクログ

死神姫の小野上さんのお話ということで購入し、予想通りのコメディタッチで満足。
意地っ張りの弟殿下とか、貧乏くじ体質侍従とか脇キャラも魅力的でした。

諦めをもったオデットの目線で描かれるので比較的淡々と進められるけど、少しずつ色付いていくように後半にいくにつれて動揺や失うことへの恐怖と葛藤が滲んできていて自然と引き込まれて、一気に読みました。

しかしこの二人、めでたしめでたしラブラブです☆にはならないようで……。
二人の間の温度差は小さくなるのかしら?

2014/09/16 23:10

投稿元:ブクログ

小野上明夜さんの新作。
表紙からは分かりづらいですが、ヒロインもヒーローもなかなかいないタイプで読んでいておもしろかったです。

ヒロインのオデットは、妖精に呪いを掛けられ、それからの人生を淡々と諦めにも似た感じで、各国を渡り歩いてます。

アッシュロードとのやり取りで、たまに出てくる「○○しろっ!」とかの命令口調が気になるときもありましたけど、アッシュロードの愛の言葉をあそこまでことごとくなしにしてしまうのは、ホントに気持ちが入ってないんじゃないかって思いました。

ヒーローのアッシュロードも権力争いに負けて幽閉され、たまたまオデットに見つかったあとは逆脅迫して、オデットが去って行くと、自分の行使できるものはなんでも使って目標にたどり着くのは、ある意味スゴイなぁと。努力の人ではあるのですが、その努力の仕方が半端ないような感じです。

ラストで妖精と対決し、封印したあとは、そのまま愛の告白を受け入れるかと思ったら、そこはまた拒否しちゃってましたけど、あのコントみたいなラストになるなら、妖精対決のあと終わりでもよかったかなぁって思いました。

2015/03/06 01:12

投稿元:ブクログ

宮城とおこ先生挿絵・表紙でしたので!読んでから気づきましたが、ずっと気になってた「死神姫の再婚」シリーズの作者なのですね、読みやすかったから、死神姫のほうも気楽に開けそう。話としては王道で、夢小説の嫌われ設定という意味の「嫌われ」と考えておよそ差支えないと思います。主人公が突然男っぽい命令口調になるところとか、とくにそんなかんじ。
でも王道な流れだけあって、はずれてないといいますか、最後に歌の秘密がわかるところとかよかったですし、おもしろかったです!

2014/10/05 13:00

投稿元:ブクログ

『アッシュロードは新ジャンル・回遊魚系ヒーロー(泳いでないと死ぬ)』By作者あとがき。
小野上明夜さんらしい、個性的でアクの強いキャラばかり。
ヒロインも、淡々とした突っ込み系のヒロインで、微妙な娘。
『悲壮感はありません』という作者の言葉どおり、雰囲気はコミカル。ラストの顛末や、愛された方の方向性の違いやその深さなど、読んでみて面白いと感じた。

でも、発想は好きなのだが、なかなか話に入り込めず苦労し、キャラの会話のシュールでエキセントリックな笑いどころが笑えず辛いと感じた
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3944.html

7 件中 1 件~ 7 件を表示