サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
21 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

TVドラマ的キャラ立ち揃いシリーズ開幕!

2016/03/13 13:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろな本を同時並行的に読むのが私のクセですが、手を広げ過ぎると「あぁ、そろそろ北欧に戻りたいー」という気持ちになってしまうのが不思議なもの。 最近はヨーロッパ全土にあたし自身の興味が広まっておりますが、北欧、特にスウェーデンはちょっと別格。

16歳の少年の、めった刺しにされた上に心臓をえぐりだされた死体が発見される。
地方警察では手に余る事件に、国家刑事警察の殺人特別捜査班がストックホルムから派遣される。 送り込まれたのは4人の敏腕チーム。 しかしその町にはたまたま、かつて心理分析官として捜査に参加したことのあるセバスチャンがいた。 大変利己的な理由で、リーダーのトルケルとの個人的なコネを使い、セバスチャンも捜査に参加することに。

著者二人がテレビ脚本家出身ということもあり、場面転換がすごく映像的。
ハンス・ローセンフェルトが手掛けている『ブリッジ シーズン2』にもちらっと同じようなエピソード(?)が出てきて、読んでてちょっと笑ってしまった。
クセのある捜査官、基本捜査はチームプレイ、関係者それぞれがなんらかの事情を抱えている、など、基本的な流れは『ブリッジ』シリーズと同じ、といえるかも。

とてつもなく嫌なヤツ、とまわりの人間に思われがちなセバスチャンも、彼の抱える心の傷が地の文で描かれるので、読んでいる側はそこまで嫌悪感を持つに至らず(自分のそばにいたらイヤだろうな、とは思うけど)。 事件関係者だけでなく、捜査陣それぞれにも心の奥に秘密がある、というあたりと、ただの猟奇殺人ではなく合理的な理由があったというまとめ方には好感を持った。

シリーズ化、絶対しそうな勢いだな・・・むしろこれがドラマ化されそう。(2014年10月読了)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/02 08:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/09 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/02 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/28 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/29 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/02 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/31 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/10 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/15 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/03 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/18 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/11 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/13 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/21 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

21 件中 1 件~ 15 件を表示