サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

ネット護身術入門 お金と個人情報を守れ!(朝日新書)

ネット護身術入門 お金と個人情報を守れ! みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

12 件中 1 件~ 12 件を表示

2014/06/28 15:11

投稿元:ブクログ

グラフ検索 facebook 言語設定を英語 公開範囲を一般公開にしているものが検索できる

yahoo リアルタイム検索

SF アニメ psycho-pass 心理状態や性格が数値化できる世界

私書箱 あるていど郵便物がとどかないと解説できない

ハローページの情報公開の確認 住所でポン

クレジットカード Vプリカ プリペイド式 ローソン、ファミマ 手数料がかかる 1000円以下100円 2000円以上200円 3ヶ月利用がないと維持費 125円

2014/06/23 16:12

投稿元:ブクログ

現実には、パスワードは6文字までとか、英数字だけ(記号不可)とか結構あります。今まで何も考えずにネットを利用してきた人には良い本だと思います。事例が具体的なので、イメージが浮かべやすいです。

2014/06/21 12:15

投稿元:ブクログ

ネットを発端にストーカーされたあげく殺された例というのが何件かあるんだとか。自分もストーカーされて殺されないように気をつけないとなぁ、と思いながら読んでいたけど、ネットですら交流が苦手な自分がそんな事態になるなんてありえないかと思う自分(男)。
ポケベルは1968年からあると知って驚いた。そんなに昔からあったのか。1990年前後ぐらいのものかと思ってた。
著者がタクシーに衝突されたけど、慰謝料じゃなくて衝突時の写真を要求した話にちょっと笑った。「これは使える!」と思ったんだろうか。
名刺管理ソフトを使ったら、名刺にあるメールアドレス宛てにサービスの利用を求めるメールが勝手に送られるという話は初めて知った(調べてみると、デフォルトでオンになってるだけで、オフにすることもできるらしい)。これはいろいろ問題あるような気がするなぁ。メールを送られた相手としては、自分の個人情報(といっても名刺に書いてある情報だけど)が勝手にネットにアップされてると思うだろうし。
ストーカー殺人と呼べるもので一番古いのは1999年に起こった『桶川ストーカー殺人事件』らしい。比較的最近な気がするのだけれども、何でそれより前はなかったんだろう。ちなみに、ストーカーしていた人に警察から「やめなさい」と言われると90%ぐらいは辞めるらしい。もっと高くあってほしいところだけど、正直もう少し低いと思ってた。
ところで、韓国の信用情報流出事件、1億580万件って、韓国の人口の2倍以上なのだけど、どういうことなの・・・。

2014/07/20 08:36

投稿元:ブクログ

自身が健康保険証を悪用された体験談などもあり,説得力がある。しかし,パラノイアではないかと思われる対応が多い気がする。どう気をつけるかの具体性に欠ける部分もある。

図書館の新着書棚から拝借;即日読了

2014/08/24 08:49

投稿元:ブクログ

ネットの授業をしたいと思い読んだが、教材としてはちょっと使いにくい。守る技術を教えることも重要だが、自分で守ろうとこういう本を読める子達を育てることが本当の護身術なんだろうなと思った。

2014/06/01 11:57

投稿元:ブクログ

SNSのトラブル、個人情報漏洩、サイバー犯罪が取り上げられている。
そして、被害にあったらどうするか、被害を予防するにはどうするかが具体的に示される。
サイバー・セキュリティの専門家である著者でさえ、被害にあったことがあると読むと、本当に知らないではすまされないこと。
私の場合、ネットバンキングや、通販についてはことにためになる内容だった。
早速注文時、カード決済ではなく、代引きを指定してしまったほどだ。
今後も、ネット環境は変わるだろうし、手口も変わっていくだろう。
この本で満足せず、新しい本で知識を改めていく必要があるんだろうな・・・。

2016/02/07 13:22

投稿元:ブクログ

若干記述が古い(それだけこの領域の変化が激しいということだろうが)のと著者の思い込みで不正確なところ(明らかな間違いではないが)が気には掛かるが、全貌はしっかりと掴める。
注意喚起と具体的な対策を考えるという意味は大きいのかも知れない。
学生への指導に使用する予定。

2014/08/21 13:26

投稿元:ブクログ

SNS利用者拡大で社会生活に被害も。デジタル情報化と漏洩、サイバー犯罪、個人情報と信用情報を守れ、利用の手間とリスクはトレードオフ。

狙われたらひとたまりもない。狙われないことだけを祈ります。

2015/04/17 04:33

投稿元:ブクログ

便利な個人向けクラウド、しかし、ネット上に情報を置くことは漏洩の第一歩。コンピュータ上へのパスワード保存などは絶対にしてはならない。移動履歴、購入履歴、検索履歴など、個人情報は自分たちの全く知らないところで外部に売られ利用されている。そもそも情報管理会社の内部者が情報を盗み出してしまうことも少なくないご時勢。ネットに登録した個人情報はすべて漏洩していると考えるべき。仮名や私書箱登録もやむなし、といったところか。

2014/06/30 11:29

投稿元:ブクログ

○IT関係の作品が多い、守屋氏の著作。
○SNSの普及やコンピューターウィルスの進化にともない、思わぬところからの個人情報の流出や犯罪被害を被るなどのトラブルが頻出している現状において、個人としてどのような対策が取れるのかを、具体的にまとめた著作。
○現在のネット関係のトラブルやその原因を分かりやすく整理しており、対応策が具体的で理解しやすい。

2014/05/12 22:04

投稿元:ブクログ

「フェイスブックが危ない」などでおなじみの
守屋英一先生の本。
Facebook、LINE、twitterなど数あるSNSの特徴の解説にはじまり、各種のトラブル、犯罪事例、犯罪に巻き込まれないための予防策などについて、ごく具体的に書かれている。
多くの人に読んでもらいたい本。

2016/01/06 16:17

投稿元:ブクログ

LINE・フェイスブック・ツイッター・スマホで通販・ネットバンキングなど便利なツールを普通に使っている人ほど危険です。情報セキュリティ専門家の推奨する自己防衛策。
自分だけのセキュリティを守る為にだけではなく、ビジネスセキュリティを確保するために、全ての人に読んでほしい一冊です。

12 件中 1 件~ 12 件を表示