サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

鉄風 6(アフタヌーンKC)

鉄風 6 みんなのレビュー

  • 太田 モアレ (著)
  • 税込価格:6486pt
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2014/06/06
  • 発送可能日:24時間

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

壊れていない人は,ごくわずかです.

2015/12/31 18:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

そうそう.お兄さんが引きこもりだった,というお話でしたね.こういうことでしたか.あいかわらず,どいつもこいつも壊れてんなぁ.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

眉毛押しスゲーな!

2015/09/26 01:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゆず子のキラキラをカラーで見たい。
この漫画のキラキラはたいがい逆の意味で使われる。
キラキラだけど傲慢、キラキラだけど下衆、キラキラだけど頭おかしい。
そのコマだけ見れば本当に可愛らしく輝いてるのに、読者はその異常性に気付かされてしまう。
これぞ漫画力。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/25 21:06

投稿元:ブクログ

いや~、待ったなぁ、新刊が出るのを
どれくらい待ち望んでいたかって、『BLACK LAGOON』くらいに待っていた(笑)
相変わらず、レギュラーの女子らは、性格が歪んでいる
ホント、女子格闘系漫画のトップだろ、この『鉄風』
戦わなくても美しさが内面から滲み出ている少女が、月並みな「勝ちたい」、「勝たなきゃならない」理由を削ぎ落として、狂気混じりの意地、ただただ、「負けたくない」、それだけを剥き出しにして拳を相手に叩き込む事で、より美しく見える
強くなればなるほど、勝ちを得れば得るほど、心は渇き、夏央を苦しめる
しかし、彼女は弱いがゆえに、その苦しみと真っ向から向き合わず、責を他人に押し付ける
そんな夏央と、早苗の「ガキの喧嘩」は観戦ていて、ワクワクした
一方で、ゆず子もまた、格闘者としてでなく、女としてでもなく、人間として異質
夏央とは違った歪み、欠落を抱えている
彼女にとって、「勝ち」が目的でなく、「強くなる」事も格闘技をやる理由じゃないんだろう。努力が好きな訳でもない。単純に、格闘技をやるのが、相手と全力で戦えるのが楽しい、それだけだ
ただ、純粋に「楽しい」を最優先するが故に、自分を蔑ろに出来てしまう。「楽しい」を得る為なら、自分が傷つこうが、相手をブッ壊そうが、気にしない。逆に、理解できないのだろう、楽しい事に、「辛い」「苦しい」などの理由で全力を出せない人間の「普通」が
並みの強者とは異なる『気持ち悪さ』を抱えている、この二人がライバルになるのは当然、そう思わせるストーリーが大好きだ
にしたって、この巻のオマケ漫画は、本編でのハラハラ、ドキドキ、興奮を吹き飛ばしかねない程、読み手を笑わせに来る、鋭い一撃だった
まるで萌えんな・・・だが、そこがいい。これはこれで、ご飯が進みそう

2014/08/14 21:27

投稿元:ブクログ

待ちに待った待望の続巻。石堂夏央と馬渡ゆず子、一方は絶望と嫉妬から格闘技の才能を開花させ、一方は希望と努力から格闘技にのめり込む。真逆でありながら、狂った青春を送る二人の生き様が金網ファイトで映える!!第7巻が待ちきれないぜよ。

2015/07/16 00:16

投稿元:ブクログ

過去の話って長々だらだらやるからあんまり好きじゃないんだけど
回想をチョコチョコ挟む感じでいろんな人の過去が垣間見えていいな!

2014/06/22 23:52

投稿元:ブクログ

待ちに待った最新刊
夏央、ユズコ、両者の過去が遂に…ってか、どっちもどっちやなぁ
一方はひん曲がりすぎて一周してまっすぐやし、もう片方は欠落しててまっすぐしかあり得ない
まぁそんな両者がいずれぶつかるからこそ面白いのだが…
ちゃんと真っ当な早苗にもスポットが当たっててよかった、まぁあっさりと夏央が勝ったけれど納得だ
ただゾクリとするような台詞、展開は今回はなかったかな…説明巻か

2015/03/21 01:56

投稿元:ブクログ

完全にまっすぐなものなんて自然界には存在しない。生きていれば、何かしらの歪みを抱えるのは普通のことだ。ゆず子はまっすぐ過ぎるのだ。だから不自然。だから気持ち悪い。だから無敵だ。
逆に夏央は捻じ曲がり過ぎている。そしてその悪意をぶつける相手を探し、その矛先はゆず子へ…。

準決勝2試合。勢い衰えてませんね。面白かった!6巻がなかなか出ないから、描くのが嫌になったのかなぁと心配してたんですが。決勝戦が楽しみです。

2015/06/25 23:49

投稿元:ブクログ

夏央と早苗の因縁対決に決着。そして、明かされる夏央の歪んでしまう過去の因果に絡む早苗の固執する理由が更に試合をヒートアップさせ、盛り上がらせる。楽しい、楽しいぞ、ワクワクする。でも、刊行ペースをもう少し早く……。ほんとそれが辛い。
それと、もう一人の過去も明かされるが何とも薄気味悪い。少年マンガのようなひたむきにただただまっすぐに目を輝かせながらも格闘技に打ち込む姿がこの作品だと気持ち悪い存在感として異彩を放つ様に惚れ惚れとし、歪みまくった夏央との対決を想像しただけでも否応なしに心が躍る。

2014/07/03 19:48

投稿元:ブクログ

2年待った甲斐がありました。

夏央vs早苗
ドラマ的にもアクション的にも熱い!

止まってる方は是非追いついてほしい。

2014/07/30 00:09

投稿元:ブクログ

アクションシーンがとてもいいです。総合格闘技としてそれなりのリアルさとバトル漫画っぽい誇張された演出のバランスがよくて見ていて楽しい。
今回の見所は夏央vs早苗戦でしょう。あとは夏央とゆず子それぞれの過去話がちょこっとあり、そこから二人が歪んでしまってる原因が推測できるのですが、それがどうにも… まあ歪んでるといえば歪んでるんですが、私には、どちらかと言うと人間として闘技者として未熟者であるとか精神的に幼いとかの方がしっくりくるんですよ。なので「歪んでいる」「欠落している」「奇妙」等々の表現がどうにも大仰に思えてしまう。少々肩透かしでした。もちろんあくまで現段階ではですが。
そのような訳で☆を-1致しました。

2014/08/12 12:48

投稿元:ブクログ

登場する技術が実践で使用できるほどのリアル路線を貫く稀有な漫画。他このような作品はイブニング連載『オールラウンダー廻』ぐらいのものでしょう。女子格闘技を扱っているだけで十分すばらしい。

11 件中 1 件~ 11 件を表示