サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

ぴんとこな 12 (Cheese!フラワーコミックス)(Cheese!フラワーコミックス)

ぴんとこな 12 (Cheese!フラワーコミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

電子書籍

全巻通して

2016/02/29 02:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uri - この投稿者のレビュー一覧を見る

歌舞伎初心者なので、これをきっかけで歌舞伎に興味を持つことができました。絵もきれいで素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歌舞伎の世界

2015/12/31 16:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんた - この投稿者のレビュー一覧を見る

歌舞伎の世界は遠い感じでしたが、こんなにおもしろくて奥深い世界であることをこの作品を読んではじめて知りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/03 21:36

投稿元:ブクログ

最新刊。
ヒロ君が段々深刻な事態に。泥沼化だなぁ~ それにしてもお孫ちゃんはあっちだったのね。それがびっくりでした。

2014/12/13 16:49

投稿元:ブクログ

12巻まで読了。
歌舞伎の御曹司・恭之助と、門閥外の一弥のライバルの成長物語がどんどんおもしろくなってきた!
陽の恭之助と陰の一弥、お互いに持つコンプレックスや、男同士の友情(?)がよく描けていて、キャラ設定がすごく良く出来ていると思う。
恋愛要素も絡みつつ、結局はふたりとも一番大事なのは歌舞伎、というところも良い。
とはいえ、あやめちゃんと恭之助がついにちゃんと結ばれたのは嬉しい♪明るくて人を引きつける恭之助は本当に魅力的。対比してどんどんダークサイドに落ちる一弥もきっと最後には救われてくれることを信じて、これからも楽しみに続きを読みたい。

2014/08/05 23:09

投稿元:ブクログ

歌舞伎のお話が今回はドロドロな昼ドラの展開になってます。

澤山家の娘婿という肩書きが欲しいだけで優奈との結婚を決め、その後は優奈をほったらかしだった一弥でしたが、優奈の裏切りでまさかの他人の子の妊娠発覚。自分の子でないと分かってはいるけど、肩書き欲しさで優奈との結婚はそのまま。

優奈は一弥の気持ちが自分にないと知りながら、自分に優しくしてくれる田辺と関係を続けちゃう。ずるい女だけど、なんか嫌いにはなれないなぁ。なんとなく田辺に好意を持ってきてるし。

最後はまさかのどんでんがえし。
孫に伝えなきゃっておばあちゃんが一弥めがけて走って行ったから、てっきり一弥が樹藤の血をひいているんだと思っていたら、田辺の方でしたか。同じ「樹」なのに、最後で樹生って、思わせぶり過ぎます。

それにしても一弥の懸念通り、血を重んじる歌舞伎の世界だし、優奈の気持ちも田辺に傾いてきている今、彼女が子供の親が田辺と言えば、絶対に一弥の立場は田辺に乗っ取られちゃいますよね。

これは秘密にしたいところだけど、田辺の友人の口は閉じることができないように思います。まさか口封じまではしないと思うのだけど、切羽詰まった一弥だとやりそうな感じもしたりして。。。

2014/07/06 13:04

投稿元:ブクログ

ぼんぼん歌舞伎役者の成長物語として読んでいたのだが、最近主役の影が薄いし、一弥は一層ドロドロ状態だし、ヒロインはほんのチョイ役になってしまったし、諸々残念だなあ。

2014/06/30 06:40

投稿元:ブクログ

さすが、歌舞伎の世界を描いた作品。ドロっドロです。
歌舞伎ではよくある、実は生き別れた…とか、いつの間にやら敵のことが好きになり…なんてところがこの作品の中でも、絡みあってきました。
一弥どこまで落ちるんだろう。
恭之助との競演できるのか?

2014/07/19 17:07

投稿元:ブクログ

騙された…。驚きのミスリーディング。
木嶋屋の隠し孫はそっちだったのか〜。
もう一弥は実力と腹黒さでのし上がるしかないじゃないですか!
歌舞伎のために多くのものを諦めてきた。もう歌舞伎しか残されていないのに…。追い込むなぁ。
このドス黒い情念を舞台にぶち込み、見る者を圧倒する凄まじい演技を期待します。
血筋なんて実力でねじ伏せてしまえ‼︎

2015/01/07 09:44

投稿元:ブクログ

優奈妊娠!最大のスキャンダル発覚!!!

一弥と仲違いしたまま、恵太郎とコンビで舞台に立つことになった恭之助。
二人の好演に、一弥は恭之助を遠く感じ、打ちのめされる。
そして月日が流れーー、
恭之助と一弥が疎遠になって一年ほど経った。
ついに澤山家の王道である『琳史郎』の襲名を約束された一弥。
喜びもつかの間、優奈の妊娠が発覚!自分に身に覚えのない一弥は・・・!?

一弥の命運を握る最大のスキャンダル勃発!
まばたき禁止の第12巻!!

9 件中 1 件~ 9 件を表示