サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

白い本の物語 新装版 (IKKI COMIX)(IKKI コミックス)

白い本の物語 新装版 (IKKI COMIX) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

いちばんになりたくて。

2015/10/17 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひでり - この投稿者のレビュー一覧を見る

リュカがステファンとルイの二人に抱いた感情は、幼少期に私が母と兄に対して抱いた感情そのもので。どんなに母を想おうとも、私の知らない母を兄は知っていて、兄が母と過ごした月日を私が共有することは永遠にないのだと悟った時、どうしようもない虚無感に襲われた。そして読後、未だにほんの少し、兄に嫉妬している自分を思い出す。どうして人は、私は、誰かの「いちばん」になりたがるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/09 20:10

投稿元:ブクログ

本を作る人達の心の交流を丁寧に描いているのだけど、この作者のバベルの最終巻がどうなるのかを期待してから合間に読んでいるので、物足りなさが半端ない。というか、こういうジンワリと良い話を受け付けなくなってきてるのかなぁ

2014/08/27 22:27

投稿元:ブクログ

シャツと白衣と眼鏡が似合う製本家と、ワイルドな色気漂う装飾家の製本職人コンビに少年を加えるという、聞くだけでおなかいっぱいな、雰囲気あるおフランス製本物語。個人的には、ボッシュとルイのこともっと知りたいな!!!という気持ちでいっぱい。描き下ろし短篇の絵柄が不安定だったのが少し残念。

2014/07/01 20:42

投稿元:ブクログ

製本工房の二人のアルチザン(職人)と、二人に製本を教えてもらう少年の物語。ものすごくいい。ルリユールや本や道具好きにはたまらない描写の数々!少年が製本道具を前にして目をキラッキラさせる気持ちにものすごく共感しながら読んでました。絵も好き。

2015/09/05 12:02

投稿元:ブクログ

ルリユール(製本・装丁)工房の職人たちと、少年の出会いと交流。

職人がカッコいい。大人だけど、子どもにきちんと向き合う。



これは読み手が腐っているせいかもしれないが・・・

職人2人組の関係性にどうしてもヨコシマな展開を期待してしまうなあ・・・。
絵の雰囲気がそういう期待を抱かせるのか?

2014/07/02 23:16

投稿元:ブクログ

書店にてジャケ買い。
リュカが少しずつルリユールを教えてもらいながらの挑戦、ボッシュとルイの静かな依存関係、3人が過ごす工房、美しいなあ。
リュカ(Luca)ってルカ(Lukas)ですかね。美術の聖人の名前。

本が人の手でつくられる過程はいつもわくわくします。
手になじませるため何度も表紙の厚紙を調整するルイの横顔がとてもきれい。

ものすごくフランスのノエルを見に行きたくなりました!

2014/07/07 22:57

投稿元:ブクログ

フランスの装丁工房、職人とそこに見習いとなった男の子のお話。
絵のタッチの繊細さが、二人の職人の関係と見習いの男の子との関係を表しているようで、よかった。丁寧に作られ装飾される本。良かった。

2014/08/02 04:44

投稿元:ブクログ

製本の話だし、いい話なんだけど、繊細な絵でイイ話を書かれているというのが、なんだかダメだった。もっとあからさまにBLでいいのにと思う下衆な自分。職人に子供がからむのも、微笑ましいの前に、邪魔ではないかとイラっとしたり。心狭い。

2015/12/16 23:33

投稿元:ブクログ

 製本職人のボッシュとルイのアトリエに通い始める少年リュカのお話。丁寧に丁寧に細部までこだわって作る職人たちの本への愛情が優しく伝わってくる。持ち心地、掌への馴染み具合など、本が読者へ与える印象を見えない部分で支える職人たちの心意気も素敵。また、登場人物たちがそれぞれ複雑な事情やあまりおおっぴらにできない事情を抱えているけれど、それらを無理に聞き出そうとせず、しかし突き放したりせずに支え合うという三人の絶妙な距離感もとっても良かった。

2017/04/10 15:08

投稿元:ブクログ

素晴らしい作品。これはお勧め。父を亡くした少年が、二人の製本職人に出会って、創作する喜びを自分自身で味わう。緻密で繊細な絵がうっとりするほど素晴らしい。主人公のリュカの生き生きした表情を眺めていると、本当に温かな気持ちになれた。リュカは物語の最後で、まっさらな本をプレゼントしてもらう。その本はリュカ自身でもあるし、この物語を読んだ読者でもある。読者はこれを読むことで、本に対する気持ちを、もう一度新鮮なものにすることができるのだ。

10 件中 1 件~ 10 件を表示