サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

さみしいひと (花とゆめCOMICS)(花とゆめコミックス)

さみしいひと (花とゆめCOMICS) みんなのレビュー

  • 斎藤 けん
  • 税込価格:4634pt
  • 出版社:白泉社
  • 発売日:2014/06/05
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/08/02 16:37

投稿元:ブクログ

「泣いている人を放っておけない」そんな性分で会社をクビになった木ノ下倫子は、そんな性分のおかげで篠宮礼華と出会い、音大入学を目指している彼女の弟・諒の世話をすることになった。

礼華も諒も倫子も、それぞれが母に縛られていた。諒と関わることで図らずも自身の母親とも向き合うことになった倫子は結果オーライだろう。周囲に流されるままの諒はともかくとして、あがきながらもどうにもできなかった礼華がひたすら可哀そうだった。巻末マンガを見る限り、礼華はきっとどんな状況でも自分を幸せにできる強さがあるんだろうと思うけれど。

母親との関わり合いがメインテーマのようなので、恋愛要素はかなり薄い。巻末マンガで一気にラブコメになったので、恋愛成分はそれで補充かな。
「家に縛られている」ところに自分と重なるものがあったので、かなり胸に刺さった。作者が参考文献に挙げた「母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き」「母を棄ててもいいですか?支配する母親、縛られる娘」にも興味が出たので読んだ。そのうえでもう一度当作品を読むと、重いテーマをよくこれだけ読みやすく作り上げたものだと感心する。
良い作品だなと思った。

2015/08/06 11:14

投稿元:ブクログ

同僚を庇って職を失った倫子は、公園で一人泣く女性・礼華と出会う。
結婚を控えた礼華に請われた倫子は、ピアニストを志す高3の弟・諒の世話をすることに…。

斉藤さんらしい胸にじわじわと来るシリアス目なストーリー。「花の名前」に雰囲気は似てるかも。
追いつめられていく倫子と諒が、お互いに心を開いて支え合っていく感じがすごく良い。
諒の母親は最悪のタイプだけど、倫子のお母さんも正直質が悪いタイプだと思った。気持ちはすごく分かるんだけど、それで娘をがんじがらめにして、泣くことさえできなくしていた事実は重い。倫子もお母さん大好きなだけにもの凄く辛いところ。親子関係ではむしろ倫子側の方がハラハラさせられた。
諒は最初こそアレだけど、心を開いてからはもの凄く可愛い感じに。
コンクール会場での「抱いて!」にはマジで吹いた。
おまけ漫画がとても平和で、かつ斉藤さんのコミカル調な内容で本当に安心する。お姉さん望まぬ結婚だったけど不幸せではないみたいなのでちょっと安心した。髪切った二人可愛い。

2014/07/06 01:10

投稿元:ブクログ

表紙の雰囲気が気になり購入しました。
とても良いお話です。感動できる、ただ……
説明できないのですが、何かが物足りないのです。主人公は苦労人だし、キャラもかわいいと思うのだけど、何かが気に入らないというか。。。単に好みの問題かもしれません。

2015/06/16 16:17

投稿元:ブクログ

泣けない女と、ピアニストを志す少年。母に縛られ、支配される2人が抗う話。倫子の母も、諒の母も質は違えどどっちもどっちだと思うけど、倫子の母は倫子の気持ちが届いて良い方向に向かってくれてよかった。しかし、おまけまんがの倫子こじらせてる諒には笑ったw目指せ、母親からの脱却w

2015/02/18 22:01

投稿元:ブクログ

共感力の高く、誰にでも手を差し伸べてしまう女性と、才能はあるのに弱く親に束縛される男性。キャラクター設定が繊細で巧い。倫子の母とは和解する一方で諒の母は「ああいう人」と理解するところまで、という点もよかった。

5 件中 1 件~ 5 件を表示