サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2017/05/16 14:50

投稿元:ブクログ

主役はジャンヌ・ダルク。
本編第11回でキュゥべえがまどかに見せたビジョンのなかにも出てきた、火あぶりの刑に処されて散ったフランスの英雄である"オルレアンの乙女"です。
つまり、舞台は15世紀フランス。
時代が違うので、当然、まどかたち本編キャラは登場しません。

ジャンヌ・ダルク(本作品では「タルト」と呼ばれます)が、その仲間の魔法少女、リズ、メリッサ、エリザとともに英仏戦争下のフランスを救うために戦い、オルレアンの解放やシャルル7世の戴冠を果たしたものの、捕らわれて火刑に処されるまでが描かれた作品です。

魅力のひとつは、現代から15世紀に時代設定を変えたことで、これまでのマギカシリーズの作品における"お約束"をぶち壊してくれることです。
たとえば、
「魔法少女や魔女の存在は、ふつうの人には秘密」という暗黙の了解に反し、タルトたちは軍の一員として数々の戦に臨むうえ、敵対するイングランド軍にも3人の魔法少女がいてフランス軍に攻撃を仕掛けてくるのです。
また、「魔法少女が魔女化する真実を知って衝撃を受ける」といういつもの展開もありません。なんと、タルトは魔女化の真実を知っても特段ショックを受けません。戦争下に少女たちの置かれている状況がいかに厳しいものか、考えさせられます。


もうひとつの魅力は、登場人物のキャラが立っていること。
たとえば、ジル・ド・レ。
ジル・ド・レと言えば『Fate/zero』のキャスターですが、本作品で出てくるジル男爵はジャンヌが火刑に処される前=気が狂ってしまう前なので、紳士です。でも、ときおり変態なところを垣間見せてきて、ニヤリとさせられるんです。
「少女も……良いものですね」

そして、敵側の魔法少女の妖しい魅力といったら!

なお、世界史の知識は特に必要ではないので、安心してください。

ネタバレありの感想はこちら→http://yulin.cocolog-nifty.com/yuletideblog/2017/05/post-76f7.html

2014/06/13 00:00

投稿元:ブクログ

待望の本編キャラスピンオフと聞いて。かずみとかやるよりこういうのを先にやるべきだったよな……今まで描ける人がいなかったのか?流し読みした感じは微妙だけど解説ちゃんと読んでるとそれなりに面白い。こっちのジルドレも変態臭い感じだなw

2015/02/19 01:13

投稿元:ブクログ

15世紀のフランスで「乙女」と讃えられたひとりの少女。しかし、彼女は後に「魔女」の名を背負うことになる。インキュベーターによって「タルト」と名付けられた少女は何を願い魔法少女になり何と戦う運命を背負ったのか。

3 件中 1 件~ 3 件を表示