サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

春画と人びと 描いた人・観た人・広めた人

春画と人びと 描いた人・観た人・広めた人 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/06/16 23:15

投稿元:ブクログ

「春画」というとなんとなく江戸時代のアンダーグラウンドな庶民文化くらいにしか思っていなかったけれど、著者はそれを真面目に研究しており、「春画」を特別視せず日本文化の一部として普通に接するべきだ、との考え。初めて「春画」というものをちゃんと見て、その歴史を知ったけれど、かなり興味深く読めた。

驚いたのは、中学高校で習う「葛飾北斎」しかり「喜多川歌麿」しかり、著名な浮世絵画家はみな当然のごとく「春画」を描いていたということ。そして、それを学校の授業では完全に隠されていたということ。

そりゃあ、中高生にあの絵を出しづらいのはわかるけれど、美人画も春画も両方描いてきたのが歌麿という人であるのに、その片方がタブーになっていることが怖いというか。たかだか戦後になってから入ってきた西洋的な道徳観に縛られすぎず、江戸時代当時の文化であり風俗をちゃんとそのままの形で受け止める度量を持っていたいものです。

1 件中 1 件~ 1 件を表示