サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/07/02 15:25

投稿元:ブクログ

ネルソン・マンデラ(峯陽一監訳、鈴木隆洋訳)『自由への容易な道はない マンデラ初期政治論集』青土社。1953~64年にかけてマンデラが記した文章を収録する本書はマンデラのイメージを一新する。マンデラはその笑顔とは裏腹に、大胆かつ実践的な理想主義者だったことが理解できる。

広汎な運動を指揮しつつも妥協は排し、武力闘争も辞さない覚悟。暴力や平和を冠する単なる「主義者」でない迫力を伝える本書は、マンデラが不断の未完の革命を目指していたことを伝える。今紐解きたい一冊だ。

2014/05/14 11:26

投稿元:ブクログ

今の南アは、アフリカの中で、どう言う位置にあるのかなぁ、、、勉強しなきゃ。。。

青土社のPR
「闘いこそがマンデラを作った。

マンデラは単なる「平和主義者」、「妥協の人」ではない。
若き日の闘いこそがマンデラを形成し、彼の根幹にいつもあったのは、ときに武装も辞さない強い意志と行動だった。
アンダーグラウンド期のスピーチや記事、リボニア裁判での答弁を収録。
若き闘いの日々に発せられた、力強くも理性的でみずみずしいマンデラの言葉たち。
付録*自由憲章全文 」

2 件中 1 件~ 2 件を表示