サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/08/29 00:09

投稿元:ブクログ

【読書その259】オランダサッカーのレジェンド、ヨハン・クライフのサッカー哲学。辛口コメントで有名なクライフであるが、本書には随所にサッカーへの純粋な愛があふれたコメント。

2015/03/24 09:28

投稿元:ブクログ

 ヨハン・クライフについては私も断片的な知識はあった。トータルフットボールの体現者という肩書が印象的だ。しかし現役はもちろん、監督業からも引退して久しくクライフの凄さというものはいまいち実感として掴めなかった。本書ではクライフのプレーの凄さは分からないが、彼のサッカーに対する洞察、そして哲学について知ることができ、偉大な選手、監督だったことが理解出来た。
 クライフの主張に難しいことはない。理想論に聞こえてる言葉も彼が言うと重みがある。一番大切なのは楽しんでプレーすること、重要なのはシンプルな動作をマスターすること、といったメッセ―ジがその例だ。現在サッカー批評は細かいプレーをあげつらい攻撃するものが目につくが、本質はもっと単純なのだと気付かされる。サッカーはミスを犯すスポーツなのだ。それをどれだけ少なくできるかは重要だが、0にはならない。そのことを忘れている人が多いようである。
 私は主に観る側の人間だが、この本を読んだことでプレーの質、チームが機能しているのかなど注目すべきポイントを発見できた。今後の観戦で意識してみたい。

2014/07/27 08:28

投稿元:ブクログ

クライフ好きにはたまらない本。

2012年にオランダで出版されたようで、名前が挙がる選手は元オランダ代表だったり、クライフのチームメイト、監督として指導した選手が多いので、選手の名前がわかると理解しやすいと思う。

内容は、クラブや育成などの環境について述べた6項目。ドリブル、キックとパス、ヘディング、ヘディング、トラップ、ポゼッション、フリーキック(攻撃・守備)、コーナーキック、PK、などの技術についての9項目。
ポジションごとの、GK、CB/SB、クライフのリベロ、守備的MF、左ハーフ、右ハーフ、トップ下、ウィンガー、CF、理想のチームについての10項目。トレーナーやコーチ、審判、サッカーの未来などの4項目。

計29項目に分かれてクライフの考えが書いてある。この人は理系的な論理的な思考が得意なんだろうと改めて思った。

2014/06/20 23:07

投稿元:ブクログ

育成から始まり、プレーの練習方法であったり、ポジションごとに求めている内容を簡潔に説明している。文字が大きく、全体的に濃い内容かと言うとそうでは無いが、ある程度クライフの考えを知ることは出来るんだと思う。また、理想のイレブンの時のペレとマラドーナが共存する理由であったり、現代フットボールが抱えている、借金であったり背広組が本質を理解していない点、母国オランダの問題点などに関しても適当かどうかでは無く、クライフの意見として聞くのは面白いと思う。

4 件中 1 件~ 4 件を表示