サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

難関大突破英文読解問題精選

難関大突破英文読解問題精選 みんなのレビュー

学参

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

とても良い!

2017/05/13 18:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ターシャリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

他の英文読解や英文解釈の本と比べて、とても読みやすかったです。ページ数もそれほど多くなくて、とっつきやすいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

解説がわかりやすいです

2016/05/09 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきぴ - この投稿者のレビュー一覧を見る

購入してから毎日取り組んでいます。なかなか自分で全訳するのは難しいですが、解説読んでわかった時にすごくスッキリしました!ハイレベルですが、頑張ろうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大学入試に直結しています

2015/08/23 11:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ryo@Japan.Tokyo - この投稿者のレビュー一覧を見る

英語構文を参考書がほしくて買ったのですが、入試問題と構文を同時に学べてとてもよかったです。値段はほかの参考書より少々高めですが、内容から考えるととてもお得でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

精読、英文和訳の力をつけたい人へ

2016/09/05 15:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しがない英語講師 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一文一文を、単語ひとつひとつの意味をおろそかにすることなく正確に訳していく手立てを教えてくれる「英文精読」のための参考書です。
各文のSVOCや修飾関係の構造分析はもちろん、文脈に合ったそれぞれの単語の訳し方も分かりやすく解説してくれています。形から読むことと意味の上から内容を理解することの両面から英語を学習することができます。
扱っている英文はやや難しめなので、標準的な文法集を一通り終えてから取りかかるのが良いと思います。
このレベルの英文がこなせれば、早慶はもちろん、東大京大レベルの問題にも対応できる力をつけることができるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/21 18:56

投稿元:ブクログ

 英文解釈(精読)のための77のルールの紹介。「名詞の直後にSVが続いたら関係代名詞の省略を疑え」とか「同格のthat節は完全文!名詞と離れることもある」といった定番ルールから、「名詞を修飾するas節」や「前置詞+関係代名詞+to不定詞」、「連鎖関係代名詞節」といった、それなりにちゃんと勉強した人ならよく知っている構文、さらには「名詞と動詞の同形に注意!」、「条件が仮定法過去で帰結が仮定法過去完了(逆混合仮定法」、「one of 単数名詞のofは同格」など、ハイレベルというかちょっと盲点になるルールまで紹介している。最後の入試問題演習では阪大や京大、東大を含めた骨のある英文6つを読む。
 レベルとしては基本から発展まで幅広く対応していると思うし、解説も1文1文ついていて、どのレベルの人でも取り組めるとは思うが、最終的に目指すところは「難関大突破」なので、あまりに英語が苦手な人は読んでも分からないと思う。また、語句の注がたくさんついているが、こういう語句の意味を分からない人はそもそもこの本を読むレベルに達してないのではないかと思う。英語をそれなりにきちんと勉強してきた高3生あたりが、春くらいに読むと良いと思う。なかにはこんなのルール化する必要あんのかな、普通に読めば分かるんじゃないか、と思うようなルールもあるが(「間接感嘆文」とか「<The+比較級+SV>が3つ重なる場合」とか)、全体としては読解のエッセンスがうまくまとめられていた。(14/09/21)

5 件中 1 件~ 5 件を表示