サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.5

評価内訳

32 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ゲームで異世界の世界征服

2015/09/16 15:56

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネット上でささやかれる都市伝説。それは、これまで一度たりとも敗北したことがないゲーマーの存在だ。「空白」と呼ばれるそのゲーマーの正体は、18歳のニート童貞と11歳のコミュ障ヒキコモリの兄妹だった。
 そんな彼らの元に届くチェスの挑戦状。これまでに出会ったことのない強さを見せる相手に何とか勝ちをあげたところ、その相手は異世界の遊戯の神にして唯一神テトだった。

 神に招待され異世界へとやってきた空と白の兄妹は、人類種(イマニティ)の最後の砦、エルキア王国だった。この世界では唯一神が定めた「十の盟約」により、いかなる争いごとも出来ない。全ての決着は、「盟約に誓って(アッシェンテ)」行われるゲームでつけなければならない。
 神霊種(オールドデウス)、龍精種(ドラゴニア)、森精種(エルフ)、幻想種(ファンタズマ)、天翔種(フリューゲル)、獣人種(ワービースト)らから成る【十六種族】の最下位に位置する人類種は、もはや王都を残すのみにまで追い詰められ、起死回生の一手として、新たなる王を定めるゲームが開催されていた。

 その大会に参加した空と白は、祖父が先王だったというステファニー・ドーラと、彼女を訳の分からないいかさまで負かしていたクレミーに出会うのだった。

 現在進行中の作品で言うと「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」に似ている。こちらは様々な時空から飛び抜けた能力を持った少年少女が異世界に召還され、ギフトゲームというゲームで様々なものを奪い合う世界観であり、そこで主人公たちは、ノーネームという組織をもり立てていく流れになっている。

 本作で特筆すべき点は、イラストと作者が同一だということだろう。ライトノベルはマンガ的だという論評があるが、それを地でいっているわけだ。
 業界の人間ではないので確かなことは言えないが、外から見ている限りライトノベルの進行は早い。次々と続巻を出していく以上、イラストの発注も早くなるのだろう。時には本文と口絵が矛盾することも散見されることから、それは裏付けられると思う。

 こうなると、イラストと文章が不可分なジャンルであるにも拘わらず、そのシナジーを出すのは難しい。しかし本作では、両者が同一であるため、それが比較的容易になされる形式だと思われる。
 ちょうど最終回を迎えたから言及するが、原作と画に分かれながらそのシナジーを発揮しているのが、「バクマン。」の真城と高木だ。本来は一人で両方やるのが漫画家のスタイルであるにも拘わらず、それを分けて、かつ、互いに良い影響を及ぼし合うという関係が出来ている。それも週刊連載で、だ。

 まあこれはフィクションではあるが、イラストが重要な要素を占めてしまっているライトノベルの世界で、そんなシナジーも考慮して作品作りをしていくことも必要なのかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第1巻。

2017/04/08 17:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シザリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

現時点で第9巻まで刊行されているライトノベルシリーズ「ノーゲーム・ノーライフ」の第1巻です。展開が多少唐突だったりしますが、それなりに良い出来映えです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/29 18:59

投稿元:ブクログ

アニメそのままの疾走感で面白い。没頭して読み進められた。時折大きくなる文字や際どい挿し絵、語尾に♪とか、もう、むず痒くてたまりません。最近のラノベは苦手で敬遠してたけど、久しぶりに夢中になれた。ある程度発刊している面白い本をまとめ読みできるってサイコー!

2015/03/01 19:36

投稿元:ブクログ

小さな世界で生きている兄妹に届いたメール。
それが、すべての始まり。

言われてみれば確かに、ルール上で生きているようで
生きていない現実世界。
それに比べれば、絶対的なルールがある世界の方が
この2人には住みやすいかと。
自分が自分として生きられる世界にいられる現実は
非常にうらやましいものがあります。

ラッキースケベではないスケベも存在しますが
こんな堂々とした状態でいいのでしょうか?w
ここまでオープンにされると、面白い以外
何物でもないですが。
すでに兄の脳内が面白すぎますけどw

ルールさえ守れば、なんでもありな世界。
恐ろしくえげつない手を使って行くので
ありか!? というのを通り越して
ありかな~と洗脳されている気分に。

2人で1人。
それは完結している世界でもあり
苦しい世界でもある現実。

2015/10/13 23:52

投稿元:ブクログ

おもしろかった~
面白いと評判だったけどあんまり絵がなーと思って読んでなかったけど
これイラストレーター兼作家の人が描いてるそうで、すごいなあ

エロ描写がけっこうえぐいけど
平気になってきてる自分がこわい・・
でも口絵のお風呂の絵は完全にアウト(だよねこれ?)だなーと思いました

兄妹が健全やえろネタの限界に挑戦してたけど、
けっこうこれはアウトだと思った
これセーフなの・・?もはやなにがなんだか

まあエロネタはアウトだけど、話はおもしろかった。
ゲームでいろんな種族が陣取り合戦してる異世界にいって、王様になって
宣戦布告!って話だった

天才の妹ってのはわかるんだけど
頭が悪すぎて顔色を読むのが得意になったってどういうこと?
何ヶ国語も覚えてるしぜーんぜん頭よくなくないよね

対人スキルがなさすぎるわりに、演技もできるし口もうまいし胸までもめる(!!)し

わたしの読みが浅いのかな?

しろちゃんはかわいい(けどこんなえろ知識の豊富な妹はいやだ・・・兄におかずを提供する妹はいやすぎる・・・)

2015/04/10 00:23

投稿元:ブクログ

もうアニメから1年かぁ。
torneを遡っていたら見掛けて、見直してみたらやっぱり面白かったので原作も買おう、と原作へ。
ウィキペディア先生見てたら咲が気になったから、と言うのもあるけど。

アニメを見直したばかりだから、というのはあるけど、さくっと読める割りには、空のこだわりとか結構響いた。7巻が出る前に最新刊まで到達したいなー。

2015/11/17 00:49

投稿元:ブクログ

アニメからハマって原作小説速攻で集めた作品。
アニメで見た内容だったから、速攻飛ばしてたんだが、ちゃんと読んだら面白い。アニメの空と白とついでにステフのしゃべりで脳内再生余裕だったからそれはそれで楽しかった。白可愛いよ白。
書いてみて思ったけど、感想でも何でもないなコレ。

2014/07/05 00:58

投稿元:ブクログ

面白いなーとか思いながらアニメ見ていて、8話EDを見て思わず購入。
やはり面白い。基本的にはアニメと一緒だけど、一部違ったりして面白い。(テトが名乗るのが戴冠式後だったり)

2巻も楽しみ。

2014/12/13 00:17

投稿元:ブクログ

 ボードゲーム、ギャルゲー、オンラインゲーム…あらゆるゲームで頂点に立ったゲーマー兄妹の空と白(通称『  』(空白)。そんな彼らが神と名のる少年に連れてこられたのは全てがゲームで決まるという異世界だった。

 ニコニコとKADOKAWAのコラボ企画でアニメの無料配信を見たのですが、これが非常に面白く原作も読んでみました。

 読んでみるとアニメ版と大きな差異はないものの、二人の関係性や心理なんかはこちらの方が分かりやすかった印象です。

 文章はライトノベルらしい一種のクセがありますが、話のテンポやキャラの掛け合い、メタ的なギャグなどラノベだからこそのノリが非常に読んでいて楽しいです。

 しかしやっぱり一番の読みどころはゲームでしょう!国王の座をかけてのチェスはハチャメチャながらも、(正直あまりチェス要素はないですが)面白く、そして何よりすべてがゲームで決まるとだけあって、駆け引きや心理戦の要素が非常に強く、その手の話が好きな人なら結構はまる作品だと思います。

 そうした戦略面に限らず『  』の考え方も好きだなあ。空と白どちらも社会に絶望していて人生のことを”クソゲー”と呼び異世界にやってきたことを喜びます。

 実力はあっても必ずしも上に行けるわけでもなく、ルールに従って行動しても、ルール違反をしているものの方が我が物顔をしていることなんてざらにあり、勝ち過ぎれば誰かに妬まれ、かといって負ければそのまま蹴落とされる、二人の言うとおり確かにそんなクソゲー(人生)をせざるを得ないのが今の現代人かもしれないです。

 だからこそ、そこから自由になり、純粋に頭一つで(兄妹なので頭二つかもしれませんが)突っ走る『  』の姿がうらやましく純粋に応援できたような気がします。
 そしてもう一つ彼らの考え方が好きな理由は自分たちの武器と可能性を信じているところです。

 今後も追いかけていきたいシリーズ作品になりそうです。アニメは続きが気になるところで最終回だったので、二期をぜひとも期待したいです。

2014/07/02 21:48

投稿元:ブクログ

アニメも終わったので補完目的で。
基本ストーリーは知っているのでワクワク感とかはないんだけどね。

地文が回りくどいのと強調点がやたら多いのが気になる。

アニメでのちょっとした気になる点の謎が解ける。
アニメで原作のちょっとした点が補完できると言う感じかな。
演出はアニメの方が派手なのね(チェスとか)。
キャラの心情は原作の方が流石にわかりやすい(白の想いとか)。


あとがきはどうでも良いや。

2014/03/31 14:59

投稿元:ブクログ

「ノーゲーム・ノーライフ」
AT-X 毎週水曜日 21:30~
キャスト:松岡禎丞、日笠陽子、田村ゆかり、井口裕香、能登麻美子
http://ngnl.jp/

2015/07/29 01:07

投稿元:ブクログ

ニートな兄(空)と引きこもりな妹(白)が、ふたりで異世界に召喚されて様々なゲームに挑むというファンタジー小説。すべての戦いが禁止されており、争いはすべてゲームで解決するという世界観と、兄妹ペアで謎の最強ゲーマー「  」(←くうはく、と読む)を演じており、兄が心理戦を担当し妹がロジックを担当するという設定は、どちらも白眉と言ってよいレベル。ストーリーも面白いので続きを読んでみたいのだが、挿絵だけはどうしても気に入らないのである。さて、困った。

2014/07/10 10:55

投稿元:ブクログ

アニメ化されて、設定が面白かったのでとりあえず1巻読んだ。

可愛い妹と引きこもりニートしてる主人公がゲームが全てを決める異世界に! そこで国盗り合戦! ただ、ちょっと兄貴の設定に無理があるような…引きこもりニートなのに、あんな演説できるのかな??(偏見か…

1巻でいーかなーって思ったけど、最終目標が神様への挑戦ってところはちょっと予想外だったので続き読んでみたいところもあり。

2015/01/28 03:40

投稿元:ブクログ

今さらだけどアニメから原作の流れで読んでみた。著者兼イラスト兼でなおかつ本職が漫画家の人の作品を初めて見た気がする。
かなり文章にクセがあってアニメ視聴済でないと何をやってるのか分かりにくい場面もあるかな。そして弄られヒロインであるステフの扱いが酷すぎる……。
あ、アニメ2期はまだですか?

2015/07/09 17:49

投稿元:ブクログ

アニメを観ていて面白かったので手を出してみました。面白かったです。
ゲームにファンタジー要素が加わって、ハチャメチャな感じになっているところが特に面白かったです。
勿論それでいいのかと突っ込みどころがないわけではないけれど、そんなのどうでもいいな!面白いから!という気分にさせてくれる話です。
挿絵も作者さんご本人が描かれているので、キャラクターのイメージがぴったりで女の子皆かわいくてそしてちょっとえっちで良いですね。
続きも読みたいです。

32 件中 1 件~ 15 件を表示