サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

蟲の神

蟲の神 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

ゴーリー本再版のきっかけとなった貴重な新作

2016/08/24 02:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんと、ゴーリーに新作が! ( ← 正確には“初邦訳”というべきか)
でもそのおかげで、長らく品切れ・重版未定だったゴーリー作品がほぼ全部再版されたのは非常にめでたいことである(のちの展覧会のことを視野に入れていたのかもしれないが)。

訳者あとがきによれば、比較的初期の作品だそうである。
しかしゴーリー独特の壁紙や絨緞、人のうつろな目といった特徴はもうはっきりと。
そしてこの表紙からも、どこか“かわいい”を履き違えたみたいな禍々しさが・・・。

内容も相変わらず救いがなく。 翻訳は文語調スタイルで、まだ原文の韻を味わうまで読みこめていません。 つい、絵の方を優先的に見てしまうので(2014年6月購入・読了)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/09 13:43

投稿元:ブクログ

“飴を差し出す その腕は
肘二つなり 此は奇怪
ミリーがしばし 躊躇えば
別の腕のび 子を攫い。”

20140706

2014/09/19 11:56

投稿元:ブクログ

表紙が既に気持ち悪い!!
原題がザインセクトゴッドなだけあり、四本脚ガガンボ系インセクトの禍々しさときたら夢に出るレベル

2015/07/01 09:02

投稿元:ブクログ

消えた子供を憂いて
嘆き悲しむ家族の目線には重ならず…

まるで<夜のふくらみ>の様ごとき不穏な世界に攫われ、
どうにかなってしまうのは読む者の方。
あぁ、
この世と決別の時、
ようやく神はその姿を現す、と聞いていたのに。

現れたのがこんな神じゃ
哀れ5歳のミリセント。
おそらく
死んでも
死にきれず。

2014/05/10 09:28

投稿元:ブクログ

蟲の神の生け贄!

河出書房新社のPR
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309275031/

2014/08/21 16:06

投稿元:ブクログ

例によって例のごとく、子供が悲惨な目に。表紙にもなってる「蟲」は本来昆虫であるなら6本足なのに4本。まあ、架空の蟲なのでしょうが、もしかしたらゴーリーの世界の蟲って人間(手足4本)の事なのでしょうか?と、勘ぐってみたり。

2015/01/17 22:21

投稿元:ブクログ

◆原題 THE INSECT GOD (1963) 訳:柴田元幸(2014)◆子どものためのただただ「怖い」を楽しむ本。韻律と陰鬱な線画にゾクゾクする。暗い部屋でスライドで、男性の朗読(原文)で楽しみたい。◆当初『ギャシュリークラムのちびっ子たち』『ウエストウイング』と3冊箱入り“THE Vinegar Works”と銘打って売り出されたとのこと。お酢!(笑) 思わず宮沢賢治『注文の多い料理店』を想起。さあ、ゴーリーファンのみなさん、お酢を自身にたっぷりまぶして、食べられる用意はいいですか?(笑)

2014/06/26 14:17

投稿元:ブクログ

おお 恐怖、憤怒、哀れみの思い。物事はどうしてこうも 上手く行かぬのか――。蟲の神の生け贄に 捧げられてしまった少女のゆくえを描く、ゴーリー初期の大傑作、ついに邦訳

2015/08/17 00:05

投稿元:ブクログ

作中で数多の子供たちを殺してきたゴーリーですが、なぜか彼の作品からは子供嫌いの雰囲気が全くない不思議。むしろ、ピーターラビットで名作児童絵本作家的な位置付けのビアトリクス・ポターは子供嫌いのオーラが行間から立ち上ってる気がしてならないんですが。

2015/12/07 20:47

投稿元:ブクログ

学校の図書室にてのレンタルこの本は僕がリクエストした本ではなく図書室の先生がこれも面白そうだと思い買ったそうで僕もレンタルさせていただきました。まったくエドワードゴーリーさんの元の文の英語は僕にはまったく理解できませんでしたがこの人の翻訳上手いんだろうなととても感じました。リズムがとてもいいし凄い不気味さが文からも出ていてとても楽しかったです

2016/02/26 16:15

投稿元:ブクログ

❖幼児殺しのスペシャリストである(!?)ゴーリーらしい特徴的な作。供物を捧げる蟲たちの狂躁・・その禍々しさに魅せられる。

11 件中 1 件~ 11 件を表示