サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

きつねのつき(河出文庫)

きつねのつき みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/06/11 19:57

投稿元:ブクログ

設定は微妙に『進撃の巨人』。
グロさも然り。

「とお」と呼ばれる私、娘の春子、「かあ」と呼ばれる肉の塊。
変わり果てた町に住む異形のモノたちが願う、ふつうのひび。

たった一人、春子だけがすくすくと成長しているように見える、哀しくて美しい物語。

訳は分からないけど、やたらぞわぞわ恐ろしいけど、どうか春子がしあわせでいますようにと願わずにはいられない。

臭いものにフタをされた、その中の世界。
でも、その世界にはまだ「生?」があった。

西島大介のイラストがぴったり。
初めて西島大介を読んだときの感覚に通ずるものが潜んでいるようにも思った。

こういう不安定な小説は、途中で諦めてしまうことが多いのに、確かな切なさがそこに漂っていて、哀しかった。

2014/06/26 14:14

投稿元:ブクログ

人に化けた者たちが徘徊する町で、娘の春子と、いまは異形の姿の妻と、三人で暮らす。あの災害の後に取り戻したこの幸せ。それを脅かすものがあれば、私は許さない……。切ない感動に満ちた再生の物語。

2 件中 1 件~ 2 件を表示