サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

ドリームダスト・モンスターズ(幻冬舎文庫)

ドリームダスト・モンスターズ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

14 件中 1 件~ 14 件を表示

2015/05/16 18:53

投稿元:ブクログ

悪夢に悩まされている人の夢の中に入り、悪夢の原因を突止めていく話。
主人公は高校1年生の男女、一見、軽いタッチのユーモア系だが、悪夢がかなり気持ち悪い。
ほのぼの系ではない解決が好みだ。
(図書館)

2015/12/25 23:48

投稿元:ブクログ

ナイトメア・バスターズ。呪いを解く類のホラーミステリー。京極先生の憑き物落としを連想します。実はおばあちゃんは、人の夢を喰らって生きる夢魔なのでした。とかどう?

2015/07/16 10:45

投稿元:ブクログ

夢テーマの日常の謎系連作短編集。
晶水と壱のラブコメがかわいいぞ。
壱のばあちゃんが素敵すぎる。

2014/07/17 20:53

投稿元:ブクログ

可愛らしい青春ラブコメストーリー。……だと思って読んだらとんでもない目に遭います。表紙のイラストに騙されちゃあいけません。でも「ホーンテッド・キャンパス」好きな人ならお薦め。
幽霊ものではなく、描かれる怪異は「悪夢」。たかが夢、ではあるけれど、その奥に潜む真相は哀しく、そして恐ろしいもの。明るい主人公たちのキャラとラブコメに救われはするものの。やっぱり怖いっ!
「理性の眠りは怪物を生む」が特に凄まじく。すべて、生きている人間の物語なのに。幽霊が出るよりはるかに怖い……。

2015/06/02 22:36

投稿元:ブクログ

結構気味悪いとこがあるもののキャラのバランスとれてていいと思う。表紙が子ども向けすぎてもったいない。

2014/08/09 01:05

投稿元:ブクログ

 櫛木理宇の学園ものホラーシリーズ、ホーンテッド・キャンパスに続き新しいシリーズが始まりました。

 交通事故がきっかけで周囲に壁を作るようになった女子高生・晶水、そんな彼女にお調子者の壱がまとわりつく。

「最近、よくない夢とかみねぇ?

 手に負えなくなったら、おれんとこ来いよ。いつでもいいから」

 晶水はここ最近、同じ夢を見る。

 S字カーブの見通しのよくない道、等間隔の電信柱、道から生える無数の白い手に母親が千切られていく。


 夢から人を救い出す「ゆめみ」の力を持つ血を引く壱、そして夢を見られたことにより、夢から引き上げる力をつけた晶水の凸凹コンビ(身長的に)が夢から人を救い出す。

 んなわけでまたシリーズものですよ。

 最近読む小説がシリーズものばっかりになってきて困る。

 ホーンテッド・キャンパスも新刊出てたから読まなきゃ(使命感)。

 割かしホーンテッド・キャンパスよりこっちのほうが面白かったから次の巻に期待。

2015/02/03 07:13

投稿元:ブクログ

『ホーンテッド・キャンパス』の櫛木さんによる、
“悪夢”を題材とした、連作短編な物語。

主人公は、夢に潜る能力を持つ壱と、
その壱に助けられることになる、晶水。

2人とも高校生ですが、カップル未満な感じで、
なんとも初々しい感じなのは、ホーンテッドと同じですかね。

その一方で、変わらずに人の悪意の描きように、ゾッと来ます。
そのギャップが、個人的には非常に好みです。

元ネタ的には「サイコダイバー」になるのでしょうが、
サラッと楽しく読めました、続きも楽しみですね~

2016/07/16 14:29

投稿元:ブクログ

装丁とはかなり違う話だったが、だんだん面白くなった。著者の作品は初めて読んだが、宮部さんのファンタジーっぽくてなかなか良かった。

2016/05/24 07:04

投稿元:ブクログ

他人の夢に入ることが出来る「夢見」という能力を持つおばあちゃんと孫が夢見によって謎、悩みを解決する話。
オカルト青春ミステリーと引いてあるけど、オカルトという言葉に連想されるおどろおどろしげな内容ではない。

2014/05/28 01:01

投稿元:ブクログ

繰り返し見る夢の原因を探るため、夢の中に入っていき、問題を解決していく青春ミステリー。
壱と晶水ふたりの距離感が微笑ましく、辛い出来事もそこまで深刻にならずに読めた。
今後どう展開していくのか楽しみ。

2014/08/26 13:50

投稿元:ブクログ

ホーンテッド・キャンパスが大好きで、櫛木さんの作品を読みたいと思いこの作品も購入。
今回は幽霊ではなく悪夢。
続けてみる悪夢に悩まされている人たちを救う「夢見」の能力を持つ壱と祖母の千代。
主人公晶水も悪夢にうなされ、同級生の壱と千代に助けられ、二人と関わっていきます。
流石櫛木さん!きゅんきゅん、ワクワク、そして恐怖を味あわせてくれます。
壱のキャラクターが純粋でおちゃらけているように見えて実はしっかりしていて晶水の事が大好き過ぎて、気持ちが伝わっていないようないるような感じがまた可愛いなと思ってました。
これはシリーズになるのかな。
続きが出るならぜひまた読みたい!

2014/06/09 11:04

投稿元:ブクログ

あることがきっかけで心を閉ざした晶水。大好きだったバスケとも友人とも距離を置いてしまったのは、ひたすら自分を責めているから。

晶水の行動パターンを狂わす壱が現れるまでは。


夢には日常生活で起きた出来事や気にかけている事がカタチを変えて、時には恐怖として、時には諭すように登場し問いかけていく。ただそれをキチンと読み解く術は普通の人には難しいのだ。


壱に無理から連行された先は『ゆめみや』を営む壱の祖母・千代のもと。晶水が抱える悪夢を紐解いていく。


著者は『ホーンテッド・キャンパス』の方ですね。まだそちらは未読なのでチェックしてみようかな。

2015/02/23 00:12

投稿元:ブクログ

明るい話を読みたくて、学園話っぽい本書を購入したが、まったくおもしろくなかった。表紙のキャラと作中のキャラが自分の中でリンクしなくて、読んでて違和感しかなかったし、主人公たちの能力の話の説明もなく、次のページを早く読みたいとまったく思わなかった。色々と残念な一冊。

2014/05/18 15:57

投稿元:ブクログ

ホーンテッド・キャンパスの作者さんの新しいシリーズ、になるよね、たぶん。
夢にまつわるミステリーといっていいのか、新しいキャラの壱と晶水が嫌味がなく、高校生らしくて初々しい。
だからと言って二人ともありがちな薄っぺらいキャラではないので面白かった。
たかが夢、されど夢。人の心は不思議です。

14 件中 1 件~ 14 件を表示