サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/11/12 08:29

投稿元:ブクログ

キリスト教というより、ひたすら「存在」ということを追求する哲学書そのもの。トマスは、アリストテレスの系統としてプロテスタント教会では受け入れられていないが、「神の存在は証明するものでなく、信仰するもの。存在証明できれば、知っていることになり、それは信じるとは言わない!」は賛成できる。しかし、「神の本質は存在そのもの」とは、確かに出エジプトで「我は在りて在る者」ご自身を表す言葉として語られているにせよ、哲学的な意味があっても、愛、赦しなどの面が全く語られていないのは違和感は感じる。

1 件中 1 件~ 1 件を表示