サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

朧小路の恋の花(Holly NOVELS)

朧小路の恋の花 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/07/29 14:45

投稿元:ブクログ

かわいセンセの京都ものは大好きです。まるで自分もそこにいるかと錯覚してしまうくらいの臨場感がありますよね~
それに京都弁がナチュラルで美しいです。
以前の作品「いとし、いとしという心」も保存版だけど、今回も保存版になりそう。何度でも読み返したくなります。

「いとし~」は、攻がめっちゃ腹黒系で、受が清純で健気だったんですよね。今回は逆に受の京美人カフェバー店長のほうが、無骨でストイックな男前の高級料亭板前を翻弄しようとする、イケズなびっちでした。

仕事も恋愛も深く先のことまで考えることなく刹那的に生きてきた光希を初めて混乱させたのは、久し振りに再会した吉澤。誰でも振り向かせることができると内心自信を持つ自分に、まるで興味を示さないノンケの男を絶対落としてやろうと光希はムキになってしまいます。
光希は、唯一の売りである色気を前面に出してつくってみせて、吉澤の気を引くことについに成功するんですが、その気持ちの裏には昔の思い出とか、芸妓の姉のこととか、生い立ちとか、いろいろな思いが絡んでいてかなり複雑。
何より、身体の関係を築いたのはいいけれど、そこから先はどう吉澤と向かい合っていけばいいのかさっぱり判らない光希の戸惑いっぷりがよかったです。
Hは百戦錬磨でも、恋愛は初心者マークw
初恋だったのにキュンとさせられました。

後半、光希が自分の心を掻き乱す吉澤に、体裁をかなぐり捨てて素になったところは、さすがに愛想を尽かされるんじゃないかと心配しました…
かなり毒舌。
でも、意外にも子供っぽくて甘えっ子な光希が、なぜかとてもかわいいです。
吉澤は寡黙だけど、やさしさが態度にあふれ出てるタイプで、どんどん魅力的に思えてくる人。
彼ならば、まるごと光希を受け止めてくれるんじゃないかと安堵できたのがよかったです。
エロ的にも光希が積極的に絡むHに色気があって満足。

「今宵逢う人」は4ヵ月後の話で吉澤視点。彼がどう思ってこれまでを過ごしてきたのかがこれでわかりました。
ラブラブです。てか、バカップル。

初回ペーパー「素直になりたくて」は、US●のあの新しい場所ネタ。ナチュラルにラブラブで羨ましいくらいです!

2014/06/17 01:02

投稿元:ブクログ

祇園でのビッチの誘い受けと武骨で動じない男の話

攻め:一流料亭で働く吉澤克也
受け:姉の店のカフェ兼バーを任されているバーテン宮川光希

祇園花街で働く光希は子供のころからの器量と愛想で男女問わずモテるバーテン。ある日子供のころから知ってはいたもののそこまで仲が良かったわけでない吉澤が女性に水を浴びせられるところに出くわす。
それをきっかけに光希の店に通うようになる吉澤はしかし光希がそれとなく誘ってみても光希に興味があるような感じではなく、つい自分から攻略しようとして、、、。


京言葉がはんなりしていて、とてもいい雰囲気を作品に作っています。
受けはビッチでじぶんに言い寄ってくる男女を上手にあしらっていますが、吉澤はなぜかあっさり落ちてはくれない。半ば意地のようにして3度目の時に自分から誘って体の関係ができているのにやはり吉澤の気持ちが今一つつかめずに悶々とする。
それまでそれなりに遊んでいたし、熱くならないと思っていた光希は自分の感情も持て余し気味で…。
吉澤の気持ちがつかめなくてジレジレするところが、淡々と描かれ、そこがまたきりきりした切なさとは違う柔らかな切なさが出ていて、先が読みたいと思わせる作品でした。
スピードがあるわけではないけれど、だからといってダレているのではなくてじんわりと二人の関係が熱くなっていくさまが京言葉によってさらに柔らかく感じました。


挿絵は、、、、うーん?
微妙にデッサンが狂っているところが逆にそれが色っぽさを出しているような絵柄です。
決してうまくはないけれど雰囲気だけで上手さを感じさせる、ちょっと得な絵柄かも。
できればもう少しデッサン力を身に着けていただきたい。

2014/06/14 21:06

投稿元:ブクログ

かわいさんで京都というと、某作品を思い出してしまいますが、当然ながら今作はまったく違うお話でした。小悪魔系受けがちょっと気になる相手と親しくなっていくうちにハマっていくという、最近のかわいさんによくあるなんとなく進んでいく話です。それが京都という舞台に合ってるっちゃ合ってるんだけど、恋に落ちる過程を省いていつの間にか恋人同士になっていた感じがするので違和感が残ります。個人的には受けか攻めどちらかに、相手を強く意識するエピソードが欲しかった。

3 件中 1 件~ 3 件を表示