サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

財務省の階段(角川文庫)

財務省の階段 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.9

評価内訳

5 件中 1 件~ 5 件を表示

電子書籍

うーん

2016/02/29 10:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よいふろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作者の作品は好きで色々読んでいますが、やっぱり現実感がない(話の設定がそうなので仕方ないですが)ので、1度読んだら十分かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/25 23:02

投稿元:ブクログ

まさかの経済ホラー短編集でした。
金融市場の窓で出てくるような、ディーリングルームの切羽詰まった空気の描写がリアルな感じでとても好きです。
経済とホラーはあんまり合わなかったような気がします。

2015/06/30 08:40

投稿元:ブクログ

久々の失敗となってしまった。
各業界の専門用語を連ねて話しを進めるのは良いが、ホラーとしてのオチの所に捻りがなさ過ぎる。
阿刀田高氏のC級品以下のレベルだ。

2014/06/22 09:37

投稿元:ブクログ

先日本屋さんをぶらついていたら、幸田真音女史の文庫本を見つけました。かすかにタイトルを覚えていたのですが、単行本は2011に出版されていたようです。

小説の内容は、彼女があとがきで述べているように、彼女が初めて挑戦した経済ホラー小説です。6つの短編小説からなっていますが、どれも続きが読みたいなと思いました。

彼女自身も述べていますが、この手の作品は取材に時間がかかる割には、小説として仕上げるのはもっと苦労するようですね。彼女の渾身の力作をソファーにもたれながら楽しんで読書するなんて贅沢だなと、良い時間をいただきました。

2014年6月22日作成

2014/09/29 15:12

投稿元:ブクログ

初めての幸田真音作品であり、初めての経済小説。作品名の「財務省」という言葉が気になって衝動買い。
他の経済小説はどんなのなのだろうかと気になった。

5 件中 1 件~ 5 件を表示