サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

俺の喉は一声千両 天才浪曲師・桃中軒雲右衛門

俺の喉は一声千両 天才浪曲師・桃中軒雲右衛門 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/09/12 22:10

投稿元:ブクログ

この一週間、わたしの友だちは雲右衛門だけだった。読みたいけど、終わってしまうから頁を繰るのが辛かった。雲右衛門は享年44歳で逝き、頁も尽き、わたしはひとりぼっちになってしまった。
落語や講談から「浪花節とは一緒に出られない」と断られた時代から、浪曲の地位を高め、改良・研究を重ね、ついには御前公演、歌舞伎座にまで立ち、”日本一と言えば雲右衛門”とまで言われた桃中軒雲衛門。こんなにも大衆の心をつかみ、まばたきを忘れるほどに夢中にさせた人がいたなんて。今では落語も講談も浪曲も三大話芸と並び称される。なにも不思議に思わないけど、わずか100年前はまったく違った状況だったのか。その出自が上の反骨、衝動、熱気を知ることができてよかった。
でも、きらびやかな世界にのぼりつめながらも、晩年の雲右衛門はなんだかさみしそうだったな。雲右衛門はしんどいなぁと思いつつ雲右衛門をやめられなかったのかな…もう本名で呼んだり本音で意見してくれる人なんてほとんど誰もいなかったんだろうな。

1 件中 1 件~ 1 件を表示