サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

スカーレット・ウィザード 1(中公文庫)

スカーレット・ウィザード 1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

読み比べるといっそう。

2017/04/30 20:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新書版と違う加筆修正部分を探して読むのもおもしろい。
個人的に好きなのは一世とケリーのやりとり。
一世の懐深さや遠慮の無いケリーのつっこみが感じ取れていい。
宇宙間鬼ごっこも好きだが、それよりも魅力的に感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/20 14:45

投稿元:ブクログ

予想を超えて楽しめたっていうと失礼ですかね?何せ人気シリーズなわけだし。
なんだろう、クラッシャージョーとかそこら辺っぽい、ジュブナイル SF って感じの作品ですね。
若い人には新鮮、大きいお友達には懐かしいってところでしょうか。
キャラクターの造形もそれぞれ好印象。

2015/09/19 21:38

投稿元:ブクログ

掴みとしては良いと思う。
出来ればケリーの凄みをひとエピソードとして
冒頭に頂きたかった。

ジャスミンが、スーパーウーマン過ぎて、
ケリーの必要性が今のところ見えない。

また女性の仲間たちがやたらにケリーに
憎々しさをぶつけるという表現が
繰り返されたのでジャスミンが
実は男性なのではと思ってしまいました。

題名からもますますスーパーウーマンに
なってしまいすぎて、ケリーが置いてきぼりに
ならないか少し不安です。

2015/04/17 19:44

投稿元:ブクログ

デルフィニアにつながるとのことで読み始めたけど。。。
SF世界がいまいち馴染めなくて読むのに苦戦。。。

2014/06/06 23:48

投稿元:ブクログ

流石、茅田先生だ。軽妙にして勢いのある文章。読み手を引き込むキャラ。真紅の魔女の独壇場過ぎて、相当な男前な筈のケリーも色褪せて、些か可哀想ですらある。そんくらいジャスミンが無茶苦茶なんだけどw久々に楽しいスカッとしたスペオペが楽しめた。続刊が待ち遠しい。

2014/05/25 09:23

投稿元:ブクログ

茅田砂胡のシリーズものは続きが読みたくて、たまらなくなる…
全体の構成自体は凄い面白いんだけど、最後の方はちょっと詰め込みすぎのような…動きが把握しきれないところがあるし
でも間違いなく面白い

2015/03/09 00:09

投稿元:ブクログ

人に媚びる顔ではない。人を支配する顔でもない。自分の信念に従う顔だった。


いい顔しているんだろうなと思う。魅力的な人物なんだろうとも。続きが楽しみだ。

2016/02/22 20:51

投稿元:ブクログ

ディルフィニア戦記を読みたいとずっと思ってたのに、なぜかスカーレットウィザードを読んでいた。おもしろい☺ディルフィニアへの期待がますます大きくなった。とりあえずこれを一気に読んでみたい。でも借りたのは2巻まで。続きをどんどん借りねば!

2014/06/08 13:05

投稿元:ブクログ

私にとってライトノベルはこういう文庫になって初めて手に取るもので、茅田砂胡も初めて知った。
最初はずしたかなと思ったけど、徐々に引き込まれていって続きが気になる。大人女子でも読めます。

2015/03/05 11:31

投稿元:ブクログ

初読み作家さん。痛快。こんなに豪胆なヒロイン見たことない!と言いたくなるくらい、ヒロインが強く肝が据わっていてカッコイイ。(といっても、ヒロインが先陣を切っていくバトルもので既読なのは「スレイヤーズ」と「星界の紋章」くらいですが。。)主張し合い信頼し合うツワモノ男女のタッグ、いいですね。しかもこれが戦闘モノでなく恋愛小説と謳っているのだから、今後の展開に期待。

2015/02/13 13:41

投稿元:ブクログ

海賊ケリーと、財閥総裁ジャスミンの話

サクサク読めて、強引に引っ張られるように読了。

続きが気になります。

2016/01/25 06:21

投稿元:ブクログ

 「デルフィニア戦記」から続くストーリーということで、スペースオペラは苦手だけど読みました。
 序盤の追いかけっこは苦手なスペースオペラそのもので、ほぼ読み飛ばしました。しかも不思議と「主人公に負けて欲しい」戦いなんですよね、あれ。結婚した方が断然話が面白くなりそうだし、主人公よりジャスミンの方が魅力的な人物だし…。
 1巻の時点で、ジャスミンは極めて魅力的な、なんでも出来るすごいキャラクターです。さばさばとした男言葉や人前での淑やかな演技力、それに訳あり結婚は、「デルフィニア」のリィを思い起こします。似てないと言えば似てないんだけど、少しだけ……。
 ケリーはキングと呼ばれる割に能力がジャスミンに今一歩届いていないような。
 次巻こそ、ケリーの活躍を期待します。

12 件中 1 件~ 12 件を表示