サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

近代数学史の成立 解析篇 オイラーから岡潔まで

近代数学史の成立 解析篇 オイラーから岡潔まで みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/11/10 15:27

投稿元:ブクログ

オイラーに始まり、アーベル、ガロア、岡潔などの考えの紹介を通して多変数関数論の成立までの歴史を辿る本。
著者の言う「面白い数学」と「退屈な数学」って概念が面白いなと思った。
著者は各数学者が何を目指して数々の思索を行ってきたのかに注目していて、抽象化して目的を失いつつある現代の数学と対比しながら話を進めていく。
「解析関数」や「ε-δ」という概念はなんのためにできたのか、さらには、「関数」の意味は、なぜ、どのように変遷してきたのか、という話は非常に興味深かった。
数学者というのは自分とはかけ離れた人種に感じるが、少し身近に感じれる。そんな本です。

1 件中 1 件~ 1 件を表示