サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

環境の経済史 森林・市場・国家

環境の経済史 森林・市場・国家 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/11/11 07:24

投稿元:ブクログ

日本の森林被覆率は変動がなかったのではなく史料がなかった。江戸初期100年には乱伐があり、森林は疲弊した。その後にトップダウン、ボトルアップ双方のベクトルが働いて持ちこたえた。日本がイースター島のように滅亡してしまわなかったのは、やっぱり「ひと力」なのかなぁ。

2014/10/26 00:35

投稿元:ブクログ

世界の人口の増加に反比例して森林は減少し、時には乱伐と言える状態にありながらも、なぜ森林崩壊にいたらなかったのか。日本、ドイツ、中国などの例をもとに、国家と市場の役割に焦点を当て、いかに森林は保全されてきたのかを解き明かす比較環境史。文章としては決して読みやすいものではないが、どのような要因が森林の維持に寄与しているのかなどを、多面的に考察している。

2015/04/19 10:39

投稿元:ブクログ

経済史の観点から、森林崩壊がいつどこで起きたのか、起きなかった場合と比較するという試み。立論や実証の過程で、環境経済学や開発経済学の理論・実証研究を援用しているが、結論では「市場か国家か」という経済学でしばしば見られる二項対立的な枠組みを批判している。こうした筆者の経済学との絶妙な距離感が、歴史研究としての本書の価値を高めているように感じられた。ただ、森林の維持・回復の要因については、筆者が重視する市場的要因だけでなく、やはり宗教や地域共同体の慣習など非市場的要因も重要だったのではないだろうか。筆者も非市場的要因を全く軽視している訳ではないだろうが、両者についてもう少しバランスの良い記述でも良かったのではないだろうかという気もする。いずれにせよ知的好奇心を刺激する魅力的な一冊。

3 件中 1 件~ 3 件を表示