サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

1/11じゅういちぶんのいち 9(ジャンプコミックス)

1/11じゅういちぶんのいち 9 みんなのレビュー

  • 中村 尚儁
  • 税込価格:5555pt
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2014/07/04
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

しみる完結編

2015/01/31 16:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さるえもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻を読んで、ハマってしまい普段中古でしか買わない私が新刊で全て揃えてしまったコミックです。
毎回新刊が出るたび購入していましたが、今回悲しいですが完結してしまいました。
内容は後輩選手のエピソードにはじまり、家族の話、そしてラストがあるサッカー少年話になります。
内容はとてもいい話ばかりでしたが、唯一難を言ってしまうと私の好きなキャラだった越川やカメラ少女とのエピソードを絡めて欲しかったです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

サッカー漫画の隠れた名作が完結

2016/09/16 01:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついに最終巻。ということで、主人公・安藤ソラの引退までが描かれた。最後の最後まで「1/11」に徹しきり、優しくてブレない主人公だった。作品としても、サッカー漫画の隠れた名作として、ずっと語り継がれていくべきだと思っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/24 21:57

投稿元:ブクログ

登場人物で、非常に重要人物から始まったわけだから、はいはい、最終回は安藤ソラですよね、ともってたら、まさかのぽっと出の少年。
それは当たり前だったのかも知れない。
やっぱりこの物語は、安藤ソラが突き進んでいく中で、その周囲で、その周囲の1/11達が、どんな物語を紡いでいたのか、という話だったのだから。
しかし、本当にその生き様を最後まで書く、って言うのも、凄いなぁ。

数十年後も、日本でサッカーが行われていますように。
非常に良かった。

2015/02/08 01:25

投稿元:ブクログ

ついに最終巻。ということで、主人公・安藤ソラの引退までが描かれた。最後の最後まで「1/11」に徹しきり、優しくてブレない主人公だった。作品としても、サッカー漫画の隠れた名作として、ずっと語り継がれていくべきだと思っている。

2016/12/16 08:16

投稿元:ブクログ

世代交代は避けて通れない。サッカーにおいても、人生においても──。若手選手から、サッカー少年、息子に孫など後に続く者にソラのバトンは、脈々と引き継がれていく。そして、人生という名の壮大な旅の果てに待つものとは…!? ソラを巡るそれぞれの物語が、ここに幕を閉じる――(Amazon紹介より)

とてもきれいな話だった、というのが率直な感想です。主人公の安藤ソラを中心に、様々な人の心模様が感動的に描かれていて、何度もジーンときました。漫画を読んでいる、というより小説を読んでいる感覚になりました。こういう“いい子ちゃん”的なストーリーって、近頃は漫画としてはあまりウケがよくないのだと思っていましたが、この漫画に関してはアリだと思いました。

2017/01/01 15:09

投稿元:ブクログ

 安藤ソラ自身の生き様と、彼が笑顔を忘れず全身全霊をかけて取り組んだサッカー。この2つを軸に連作短編集の趣きで物語が展開されてきた本作も本巻が最終巻。

 サッカー小僧が大人になり、さらには爺さんになっても…。


 どの巻のどの話を読んでも、ほんのり涙ぐみ、読み進めずにはいられない。溜息しか洩れぬ読後感は、サッカーという特殊な場面設定でありながら、青春、愛情、挫折、家族、さらには夢という普遍的な物語を暖かな目線と切り口で語って見せるからに他ならない。
 素敵な逸品でした。

6 件中 1 件~ 6 件を表示