サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

シモネッタのアマルコルド イタリア語通訳狂想曲(文春文庫)

シモネッタのアマルコルド イタリア語通訳狂想曲 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2014/10/17 21:32

投稿元:ブクログ

単行本で一度読んだのだけれど、忘れている部分は面白く読めたし、覚えている話はもう一度読みたい話だったので、結局通読してしまいました。また3年後くらいに読むと面白いかも。

2014/07/23 16:21

投稿元:ブクログ

安定のおもしろさ。
語学テキストの巻末連載などを主にした同時通訳やガイドの経験談に異文化理解エピソード、短めで気楽に読めるものばかり。でも、たくみに笑いをまぶし読者にサービスしつつも仕事に対する姿勢には甘えや妥協がないので、読みつつ姿勢を正さずにはいられない。
最後に置かれた「人生は笑いの中に」は、この人も須賀敦子の文章を崇拝すると知ったのがうれしく、同時に過ぎた時代を追想するシモネッタの姿にちょっとしんみりする。
イタリア語の仕事を通して日本を、自分をより深く理解すること、言葉は違えど、わたしもその目標を見失わないようにしたい。

2014/07/30 20:28

投稿元:ブクログ

ガイドは「知らない」と言ってはいけない。通訳はわからない言葉があっても止まってはいけない。なんて度胸を要する大変な仕事なんだろうと思った。通訳業のウラ話の数々。自分も通訳をする時、田丸さんのプロ意識を見習いたい。

2014/09/24 22:48

投稿元:ブクログ

イタリア語のシモネッタの6冊目(文春文庫で)エッセイは、いつもの通り切れが良く楽しく笑わせてくれる。しかし、いつにまして哀感とタメ息の量が多いような気がする。この本が、通訳生活40年の白鳥の歌とならないようにを祈りたい。

2014/08/05 22:11

投稿元:ブクログ

ブログに掲載しました。http://boketen.seesaa.net/article/402936985.html米原万里の戦友にして「イタリア語通訳界の大横綱」米原万里が2006年になくなってもう8年がすぎた。『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』(文春文庫)という、通訳をめぐる考察はいまも忘れられない。その米原万理が「シモネッタ・ドッジ」というあだ名を献上し、「イタリア語通訳界の大横綱」と称えたのが田丸公美子。
田丸の処女エッセイ『パーネ・アモーレ』(文春文庫)は「笑いをとる」という点では米原にまさっていた。

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【通訳人生40年の艶笑喜劇!】通訳人生40年を振り返り「日本」「イタリア」そして「人を結ぶ言葉の粋」について考察するちょっと過激でユーモラスなエッセイ集。

6 件中 1 件~ 6 件を表示