サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

平安女子の楽しい!生活(岩波ジュニア新書)

平安女子の楽しい!生活 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.6

評価内訳

14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

なかなか的をついていると思う

2015/08/31 20:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うおざ - この投稿者のレビュー一覧を見る

岩波ジュニア新書でございます。
これは、なかなか面白い切り口というか、着眼だなと感心しました。

何が面白いのか。

平安時代の貴族は、
和歌つきの手紙を、時には季節の花を添えて、贈り合っていた、
というのは、古典の授業で習ったでしょ?

この本ではね、
貴族が贈り合っていた手紙は、いわば現代の「メール」だって言ってるの。
で、手紙につけてた花とかは、「絵文字」や「デコメ」や「スタンプ」だって!

ラインで「既読」がついているのに返信がない、というのを
気にする子はすごーく気にしたりして、ちょっと大変みたいなんだけど、

平安貴族が「歌を贈ったのに、返歌が来ない」と思い悩むのと、
同じだよね~、と言っているわけ。

ほー!!! そうきたかっ!
これは、ちょっと面白い。
そして、なかなか的をついていると思う。

ただし、この本はアタマから読むと、ちとめんどくさい。

最初は「インテリア・ファッション編」。
平安時代のインテリアとして「御簾」「屏風」「几帳」の解説や、
ファッションのお約束とか、が書いてあるんだけど、

ここはいっそ飛ばして、次の「ラブ編」、
それも3章の「王朝メールの必殺技」から読むことをおすすめします!

ここが一番、今の子にも身近な感じだと思う。
「王朝メールの必殺技」を読んで、「へー」と思ったら、
他のところも読んでみたらいいんじゃないかと思います。

(へー、と思わなかったら、それまでなんだけど)

ということで、
中学高校の学校図書館には、入れていいかと思います。
プッシュ次第では、何人かは面白がって読んでくれる。。。かも?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/09 19:48

投稿元:ブクログ

岩波ジュニア新書でございます。
これは、なかなか面白い切り口というか、着眼だなと感心しました。

何が面白いのか。

平安時代の貴族は、
和歌つきの手紙を、
時には季節の花を添えて、贈り合っていた、
というのは、古典の授業で習ったでしょ?

この本ではね、
貴族が贈り合っていた手紙は、いわば現代の「メール」だって言ってるの。
で、手紙につけてた花とかは、「絵文字」や「デコメ」や「スタンプ」だって!

ラインで「既読」がついているのに返信がない、
というのを
気にする子はすごーく気にしたりして、
ちょっと大変みたいなんだけど、

平安貴族が「歌を贈ったのに、返歌が来ない」
と思い悩むのと、
同じだよね~、と言っているわけ。

ほー!!! そうきたかっ!
これは、ちょっと面白い。
そして、なかなか的をついていると思う。

ただし、この本はアタマから読むと、
ちとめんどくさい。

最初は「インテリア・ファッション編」。
平安時代のインテリアとして
「御簾」「屏風」「几帳」の解説や、
ファッションのお約束とか、が書いてあるんだけど、

ここはいっそ飛ばして、次の「ラブ編」、
それも3章の「王朝メールの必殺技」から読むことをおすすめします!

ここが一番、今の子にも身近な感じだと思う。
「王朝メールの必殺技」を読んで、
「へー」と思ったら、
他のところも読んでみたらいいんじゃないかと思います。

(へー、と思わなかったら、それまでなんだけど)

ということで、
中学高校の学校図書館には、入れていいかと思います。
プッシュ次第では、何人かは面白がって読んでくれる。。。かも?


平安時代に生きた女性たちを
「平安女子」とくくってタイトルに持ってきたのは、
英断というか、果敢というか、
なかなかがんばったと思うんですが、
そこに「楽しい!」をつけちゃうところが、
なんつーか、
昭和臭を感じてしまった。。のでした、
ちゃんちゃん(^-^;)

2015/01/31 15:27

投稿元:ブクログ

公私とも、「行動+メール」がデフォルトになっている現代って平安っぽいなーと思っていたのだが、この本の後半はまさにそういうお話。日本人って、1000年前から、根本は変わらないのね…。

和歌と王朝文学の部分訳が絶妙で、すごくわかりやすい。

2014/06/27 18:14

投稿元:ブクログ

「御簾」は今でいうブラインド、イケメンの条件は美文字、女子のファッションはダボパン…
平安時代のライフスタイルを現在の生活に例えて説明してくれているので、古典を勉強する中高生には予備知識として最適な1冊。

国語科の教員に薦めるのもお忘れずに。

2015/08/10 00:29

投稿元:ブクログ

平安時代の女性のくらしを現代風のことばで解説。
中高生向けの新書レーベルなので、読みやすく、やさしく書かれている。

数々の文学や日記に残されているように、当時の女性の一大イベントは恋愛、結婚で、ときどき宮中のお仕事。
この本でも、恋愛や結婚の解説が多めか。
恋愛、結婚となると相手の男もいる、ということで、男サイドの生活も結構詳しく説明してある。

2015/02/09 20:55

投稿元:ブクログ

うーん。中途半端でイマイチ。

内容は小難しいけど、中高生に親しみをもってほしいという著者の思いから、言葉はすごく軽い。

特に随筆の引用は、“今風”口語訳だけでなく、原文も添えて欲しかった。

とはいえ、和歌の良さって社会人になってからわかったものも多いから、このくらいがちょうどいいのかしら。

2014/05/30 22:12

投稿元:ブクログ

同じ著者の『王朝生活の基礎知識』を読んだことがある。
たぶんそれの方が情報量が多いんだろうと思いながらも本書を買ってしまったのは、ひとえに挿絵が分かりやすかったから。
院展作家でもある早川圭子という画家なんだそうだ。
古い絵巻から採った絵なのだろうが、わかりやすく書き直されていて、衣装や調度の様子がよく分かった。
欲を言えば、もっとたくさん絵があってもよかったと思う。

2014/05/02 10:00

投稿元:ブクログ

古典を身近に感じられるようになるのは、良いコトですよね。

岩波書店のPR
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/50/4/5007720.html

川村裕子の王朝と猫
http://kageyuko.cocolog-nifty.com/

2015/01/23 09:28

投稿元:ブクログ

本当にわかりやすく、面白い。
自分が中高生の頃こういう本があったらどれだけ古典を好きになったか、と悔しい気がするくらい。
『和泉式部日記』などの日記ものは「ブログ」。経験したこと感じたことを「人に読まれる前提で」書いているから、とか。
著者が、若者に古典を身近に感じてもらうため、どれだけ心を砕いているかが伝わってくるし、そしてそれは古典を本当に愛しているからだということもわかる。
「本気」が伝わるのだ。
できれば学校の勉強として古典を学ばねばならない高校生になる前に読ませたい本。
大人にも楽しい本ではあるが。

2014/08/02 00:32

投稿元:ブクログ

平安時代の作品を分かりやすく口語訳したものを多く交え、共感できたり意外性に驚いたり、平安貴族文化をさっくり捉えるにはかなり読みやすい一冊。
説明の例として『蜻蛉日記』の引用が多くなっちゃうのは仕方ないのかしら。立場も感情の表出も分かりやすいし。
全体は良いのですが、一つだけ、明らかに「夢」の解釈が違う(平安期は「相手がこちらを想っているからこちらの夢に出てくる」のはず、そうでないと成り立たない歌も多いし)のが引っかかったので☆-1。

2015/09/05 16:35

投稿元:ブクログ

この本の中には難しい古典の話は一切なし!『蜻蛉日記』は王朝ブログとして紹介されています。平安時代の女子の生活は現代の私たちの生活に通じる部分もあるようです。携帯電話をメールの手段として通話よりも頻繁に使うのは日本人ならでは。これはもしかしたら平安時代、手紙のやりとりで意思疎通を行なってきた名残かもしれません。

2015/10/17 07:51

投稿元:ブクログ

とにかくわかりやすく!興味を持ってほしい!という思いがよくわかる本。高校入学前くらいに、ぜひぜひ読んでほしいなあと思う。古文の授業がきっと楽しくなるから。

にしても兼家、ひどいやつだ。許せん。

2016/05/25 14:33

投稿元:ブクログ

平安時代の貴族(特に女子)の生活を、インテリア&ファッション・ラブ・ライフの面から紹介する。
古文は一切なし、文(手紙)は「メール」、日記は「ブログ」と表記するなど、若者が平安人を身近に感じられるように工夫されている。

「寝殿造りバーチャルツアー」「重量級ファッションに命がけ!」「イケメンは美文字」「ちらっと見てどっきり」「即レスはメールの命!」「最後に見せるギャップが鍵」「オフィスのいじめをかわす方法」「未送信箱から浮気発覚」等々、現代人も共感を持ったり、興味をそそられる内容がいっぱい。

平安ファッション女の子編は、着るものを下着から詳しく紹介していますが、モノクロ文庫本サイズが悔しいところ。でもこれで、わが家のお雛様の衣装の秘密もわかりました。

ファッションや恋愛等しか扱っていないし、語り口が軽いので、ノンフィクションにしては弱いけれども、あの時代を身近に感じて理解する入門書にはよいのではないかと思われます。

2015/09/27 00:13

投稿元:ブクログ

小中学生向けだから表現がかなりやさしくて内容もとてもわかりやすい。
引用した和歌の現代訳などを今風の言葉に置き換えていたり、平安時代のファッションを現代のファッションで置き換えるならこう表現するだろう、という言葉で書かれているので表現もしやすい。

平安時代の暮らしについての初心者への入門書としておすすめしたい。
ただ、本当にさわりの部分だけなので平安時代についての基礎知識すらないという人向け。
詳しく知りたい人にはあまり向いていない内容だと思います。

14 件中 1 件~ 14 件を表示