サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2017/05/06 00:46

投稿元:ブクログ

2017.5.5
山崎洋子さんの自伝。
本の帯に書かれているように幼い頃からたくさんの辛い経験を重ねてきたことが記されている。
辛い思い出は記憶からなくなるというのはよくわかる。こうして自伝にして思い出し自分の生きてきた軌跡を愛でることを私もしてみたいと思った。
山崎洋子さんほどではないけど、幼いときに父を亡くした私は恋愛や家族に対する気持ちや、死に対する気持ちが他の人とは違うと感じることがあるなぁと大人になってから気づいてきている。
父の記憶はほほないに等しいけど3歳なりにきっと心で感じていたはず。大切な人も永遠ではないこと、楽しい時間もいつかなくなること、男性に対する行き過ぎた期待感、悪いことをしていても誰か(父)にみられているという感覚、死ということへの冷静さ。
言葉では表せないけど、年相応ではない感覚を小さいうちから持っていたようにおもう。

人の生い立ちは人の人格や他人との関係性、家族との関わり方に必ず影響を与えていると思うけど、私も自分が生きてきたこの人生を愛おしいと思えるようになってきた。
同時に母への感謝の気持ちもますます強くなる。

共感できる部分が多々ある本でした。

1 件中 1 件~ 1 件を表示