サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

フォトジャーナリストが見た世界 地を這うのが仕事

フォトジャーナリストが見た世界 地を這うのが仕事 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/12/29 13:50

投稿元:ブクログ

ブログなどの発信手段や高性能のカメラがこれほどまで出回っている世の中で、フォトジャーナリストの活躍は昔より小さくなってしまったのかもしれない。

でも、こういった人々のおかげで真の世界の姿が見えるのかもしれない。真実は現場でしか起こらない。
これからの活躍に期待。

2016/04/02 12:39

投稿元:ブクログ

著者の川畑嘉文氏は、1976年生まれのフリーのフォトジャーナリスト。
私はフォトジャーナリストの活動に興味があり、これまでも山本美香氏、長倉洋海氏らの多数の著書を読んできたが、本書には、通常は表に出ないフォトジャーナリストの姿(お金がない、取材地で病気にかかる、戦場が怖い。。。)が赤裸々に語られている点で、少々趣を異にする。
なにしろ、本文の第一行目が「カ、カネがない……」で、そのあと「はっきり言ってぼくの生活はカッコ悪い。・・・1980年代後半の流行語「危険、汚い、きつい」の3Kに、「カネがない」と「カッコ悪い」を加えた5K生活を送っているのがフリーランスの現実である。ぼくの場合、「カアチャンにいまだに頭が上がらない」を加えた6Kとなる」と続き、自虐的ながらも真実を描いた表現が随所に登場する。。。
しかし、その著者が「世界各地で起きていることの「真実」を伝える、それがぼくの仕事だと思っている。それに、リアリティのある文章表現にも可能なかぎり努力したつもりである。ぜひ、今回記すことになった「真実」を五感を通して感じていただきたい」という、紛争地・震災地・国際社会問題の現場を取材した記録は、世界の現実を我々の目の前に突き付け、様々なことを考えさせるに十分である。
具体的には、9.11後の米国によるアフガニスタン侵攻、カンボジアでの内戦時に埋められた400~600万個の地雷の除去、2010年のハイチの巨大地震、東日本大震災、2011年のトルコの大地震、9.11米国同時多発テロ(著者は当時NYに住んでいた)、(オバマ大統領による関係改善が進む前の)キューバ、干上がって消滅しつつあるアラル海などが取り上げられている。
多数の印象に残るモノクロ写真も掲載されている。(もっと大判だと更によかったが)
等身大のフォトジャーナリストの姿・活動を知るために、一読の意義はある一冊と思う。
(2014年9月了)

2 件中 1 件~ 2 件を表示