サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

蒐集物語 改版(中公文庫)

蒐集物語 改版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/02/15 22:30

投稿元:ブクログ

序盤は柳が出会って、今は駒場の民藝館に収蔵された思い出の品を手に入れるいきさつが描かれる。
蒐集「物語」である面目躍如といった感じで、楽しい。
京都や那覇の古物市のところが特に興味をそそられた。

それにしても、彼はいいものかどうかを見分けるのは一瞬あればよいという。
これがすごい。
無心に見れば難しくない、そうだが…それができないんだよね。
知識は目を曇らせるなんて話は小林秀雄を思い出させる。
世代的に近いと思うけど、そんな感覚が共有されていたのかなあ。

後半は彼の蒐集論。
よい蒐集とは、対象となるものの中に自分の故郷を見いだせるものだそうだ。
自分の分身に出会うような、情愛を感じられるものを集めるべきだと。
これは…審美眼が備わっている人ならではの言葉なのかも。

柳が宗教学を学んだ人だということを、本書で初めて知った。
なるほどなあ、と妙に腑に落ちた。

2014/08/04 11:18

投稿元:ブクログ

民芸館に所蔵されている民芸品にまつわるエピソード。
→http://bukupe.com/summary/12513

2 件中 1 件~ 2 件を表示