サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

叱られる力 聞く力 2(文春新書)

叱られる力 聞く力 2 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー92件

みんなの評価3.6

評価内訳

92 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

よい!

2016/01/18 12:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ああ - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段気にしていることや気になっていることなどがさらりと書かれ、気持ち良い!怒られ世代かもしれない私共にはうなずくことが多い。今の若者はいかがだろうか?一括りにはできないが、コミュニケーションを取るのが苦手など言うのであれば、この本はそんな若い方にお勧め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「叱られる力」って、一体・・・?

2014/06/28 21:24

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作の「聞く力」は、自己啓発本(ハウツー本)というよりも、阿川氏自らが本書の冒頭(4ページ)に書いているとおり、テレビや週刊誌上のインタビュー現場の裏話を中心に、「『聞く』というテーマのエッセイ集」でした。それでは本作はと言うと、『叱られる(叱る)』というテーマの自伝エッセイです。
 内容は、「人見知り」の克服方法から始まり、固定電話の思い出、社会人駆け出しの頃のエピソード、叱り方、ノミュニケーションの効用等々。そして、父親との60年間にわたる確執には第2章の全部を割いています。前時代的な頑固者の父親と娘のエピソードが、独特のユーモア溢れる文調で、面白おかしく語られています。本書をもう少し肉付けすれば、ドラマ化も可能のような気がしました。

 で、肝心の「叱られる力」ですが、第3章の表題が「叱られる力」なので、ここで語られるのかと思いきや、叱られた時の立ち直りのヒントや叱り方が紹介されているではありませんか。結局「叱られる力」って、対人関係において、安直にメールやブログやラインに逃げるのではなく、相手と直接対峙することで培われるコミュニケーション能力のこと、そして叱られることで前に進むということと私は解釈しました。
 本書も前作同様に、何かを吸収しようと肩ひじ張って読むよりも、気軽に阿川氏の人生エピソードを楽しむという乗りで読む方が良いと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2匹目は、どうも?

2015/11/29 01:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「聞く力」が大ヒットしたものだから、今度は「叱られる力」ときた。安易のそしりはまぬかれない。阿川弘之氏は、父親としては随分、怖い存在だったらしいが、あの時代の父親は大概、そういうタイプだったのではないか。2匹面のどじょうを狙うのではなく、いや、少なくともタイトルで釣るようなことはせず、著書の中身で勝負願いたい。「聞く力」に比べると、内容的にはかなり落ちり気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

叱られる力 聞く力2 (中古書)

2016/05/04 08:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ああ - この投稿者のレビュー一覧を見る

叱り慣れてないまたは、叱られてない事について書かれた本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/08 19:34

投稿元:ブクログ

新書っていうよりまあエッセイ。
たしかにって思うけど、話し言葉だからか、おしゃべりきいてるみたいでねむ。

2014/09/02 20:27

投稿元:ブクログ

さわちゃんも聞く力が何故売れたか理解できなかったらしい~部下を持った人に聞くと,自分はさんざん怒られて此処まできたが,若い人をどう指導して良いか分からないと悩んでいるそうだ。自分なんか,父親が怖くて,テレビのプロデューサーが怖くて仕方なかったが,怒られるにもエネルギーが必要なのかも知れない~ 上の要約は,曲解かも知れませんが,書いたものをどう読むかは読者の勝手と云うことで良いでしょう。可愛い女性なのに,結婚に縁が無かったのだねえ。お父さんと彼女はそっくりらしい。確かに前作の聞く力はエッセイでした。この本も同様。エッセイはただの日記ではないということで,ちゃんとオチもついていて,立派な文章だと思います。そうそう,新書というと・・・砕けた学術書というイメージは私もほぼ同世代ということで,よく理解できます

2014/12/09 20:34

投稿元:ブクログ

肩肘張らない新書。
阿川さんのエッセイの様な人格形成になった父とのエピソードみたいな。
こんな家庭絶対厭だと思った。
云い訳は進歩の敵、気に入りました。阿川の言葉じゃないという。

2015/10/22 14:20

投稿元:ブクログ

阿川佐和子さんの『聞く力』の第2弾。
「叱る」がテーマ。
語り口が軽妙で、読みやすく面白かった。

「私、人見知りなんです」は甘えじゃないの?
「ご機嫌取り」はおもてなしの心(メールでの微妙な調整の難しさ)など、共感した。
ちょっと真面目なあとがき、面白かった。
喜怒哀楽、大事ですね。

2015/06/13 14:39

投稿元:ブクログ

叱られることも、叱ることも、いや人づきあいそのものが希薄になっていることを感じ、そうした風潮は風潮として受け止めながら、それでも人を避けてばかりでは損だなぁと気づかせてくれる。
アガワさんの親しみやすいキャラクターが表れた文体で、楽しくおしゃべりしたような読書感だった。
15-139

2014/09/13 10:10

投稿元:ブクログ

相手の相談事に対し、男 解決策を示す 女 親身になって聞いてもらう

オウム返し
英語に直して繰り返す 誠意を持って妻の話を聞いている夫

喜怒哀楽

2015/11/14 09:48

投稿元:ブクログ

どちらかというと叱るのが今の時代いかに難しいかってところに強く共感。親子の話も昔はそういうもんだったんだろなとなかなか面白かった。

2014/10/05 22:55

投稿元:ブクログ

聞く力よりも私は面白かったです。
叱るのって本当に難しい。
叱るには、叱られた経験が絶対いりますよね。
阿川さんほどでなくとも、
うちもやっぱり厳しかったですし、
その中で叱られることに耐性はついたと思います。

2014/09/05 08:45

投稿元:ブクログ

アガワさんも二匹目のドジョウを狙うんだ!と思いつつ、つい買ってしまった。そしたら「まえがきにかえて」に「二匹目のどじょうを狙うつもりはない(とは言い切れない)」と予防線を張られてました(笑)

「私人見知りなんです」は甘え、「人見知り」を標榜していいのは子供だけ、という主張(というの?)。
今はなんでも検索ですく答えが出て疑問にすぐ決着がつくから、答えにいたるまでに話が脇道にそれる楽しさがないという話。
ふむふむ、という部分がたくさんありました。

『聞く力』と同じく、エッセイとしてとても楽しく読めましたが、こちらはちょっと取り留めがない話が多い気もしました。前作で「新書でエッセイもありなのね」と分かって、かなりリラックスして書かれたのかな。のびのび書いて、ときどき「えいっ‼︎」と叱る叱られるトピックに急ハンドル切って戻ってくる感じでした。

いたずら好きな狐狸庵先生(遠藤周作さん)のエピソードには笑った。
あとがきがとてもよかったです。

2015/04/22 11:44

投稿元:ブクログ

著者は,テレビで活躍中の阿川佐和子さん。160万部のベストセラーとなった前作「聞く力」の第2弾です。親に上司に怒鳴られ続けて60年の著者が,叱る覚悟,叱られてもへこまない心得を伝授します。

2015/05/23 10:28

投稿元:ブクログ

叱る・叱られることに焦点を置いた「聞く力」第2弾。
個人的には、前作を超える内容ではないと感じるが、
それでも、著者の経験を元に、最後まで楽しく読める。

そして、改めて感じる叱ることの重要性。
人間の成長においては、極めて必要な要素なのだろうと思う。
自身含め、最近は叱り慣れない、叱られ慣れない人が多いと思う。
本当に相手のことを思っているということが前提ながら、「叱り」は絶対に必要。

92 件中 1 件~ 15 件を表示