サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

入門老荘思想(ちくま新書)

入門老荘思想 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/08/30 00:20

投稿元:ブクログ

出土資料による『老子』研究の進展を概述する。

239頁:この二人と孔子とを並べることに公孫丑は疑問を抱いたのであるが,孔子は,三人に共通点があるという。
・孔子は⇒孟子は

243頁:寛政異学の禁……その影響力は甚大であった。
・現在でも,日本の思想史,歴史の研究者は,「その影響力は甚大であった」とおおむね理解しているのだろうか?

2015/07/15 10:46

投稿元:ブクログ

『老子』のテキストの来歴を竹簡発見のニュースも交えながら説く第1章と、『老子から適当な文章を抜き出しつつその内容を手際よく整理した第2章がおもしろかった。2014年刊行につき、内容も新しく読みやすい。本書冒頭の「学を絶てば憂い無し」、104頁の「『老子』の政治思想が「愚民政策」と言われるゆえんである」あたりの話が肝だろうか。

2014/12/31 17:24

投稿元:ブクログ

老荘思想そのものの内容というより、それの発掘や研究などについて説明されている印象。そのものを知りたくて手にした私としては、そこが残念。自分で勉強してある程度知識をつけてからもう一度読みたい。

2016/03/13 21:27

投稿元:ブクログ

文献学的な情報とか詳しいし、しっかりしていると思うんだけど、老荘思想そのものが私とはあんまり合わない感じで楽しめなかった。

4 件中 1 件~ 4 件を表示