サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 夜の読書
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

夜の読書(ちくま文庫)

夜の読書 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/07/31 01:31

投稿元:ブクログ

書評と読書に関するエッセイ集。
ボリュームとしては新聞・雑誌に掲載された書評が大半を占め、文庫の解説と書き下ろしが少々。
著者の書評を意識して読んだことは多分ないと思うのだが、冒頭の読書論を読む限りは信頼出来ると感じる。理由は『楽しむために読む』と宣言しているから。

書評で取り上げられている作家は数多いが、その中でも頻繁に登場するのが池澤夏樹と辻原登。特に池澤夏樹は、登場回数としては一番多いのではないだろうか。
池澤夏樹はあまり読んだことがないので、機会があれば手を伸ばしてみたい。
印象的だったのは小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』について。『この作家の物語は見かけよりもずっと死の近くで進行しているのかもしれない』という〆の文章は的確な指摘では?

2014/09/10 15:19

投稿元:ブクログ

書評集。新聞書評や、各種雑誌への寄稿、文庫解説を集めたもの。わかりやすく簡潔に内容を紹介しつつ、浪漫を感じさせる美しい文体がつづられており、ただの紹介文にとどまらず、文章そのものも大変おいしくいただきました。文学に造詣が深く、その手の作品が多く紹介されているのですが、個人的には、時折出てくる小説以外の本に強く惹かれました。内部にこめられた文学的な何かを感じたからでしょう、たぶん。読みたい本リストがまた増えた…。

2015/06/22 22:28

投稿元:ブクログ

Ⅰ章の読書論はおもしろかったが、Ⅱ章からの書評は本のセレクトに偏りがあるせいであまりわくわくしなかった。三浦しをんの『三四郎はそれから門を出た』の書評はおもしろかったなあ……などと、他の女(?)の良さを想起してしまうのはなんだかな。

3 件中 1 件~ 3 件を表示