サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/02/17 10:26

投稿元:ブクログ

 理論言語学の分野と文学やビジネスの翻訳の分野の各専門家が、和文英訳に役立つエッセンスを、文を示しながら解説したもの。生成文法、認知言語学、日本語文法、語用論、実務翻訳の5つの知見でまとめられた章があり、文は全部で75。
 中高生でよくある受験英語的な間違い(自他の混同、「被害の受け身」、SVOOの語順、bored/boring、byとuntilの違い、間接疑問文など)のレベル、日本人ならよくするというレベル(受け身の多用、冠詞、「今行くよ」が*I'm going、命令文になんでもpleaseをつける、など)、上級者なら知っていそうな「ニュアンス」を出すための(二重目的語構文と与格構文の違い、actuallyとin factの違い、only / also / evenの振る舞いの違いなど)レベル、趣味(俳句とか映画やアニメのキャラの台詞のよりよい訳は?など)のレベル、に分かれている。
 知らないことも多いし、面白いことも多い。pleasing, surprising組とdelighful, painful組(p.27)も列挙されてみると、難しい気がする。いろんな単語をちゃんとおれは整理できているんだろうか、と思う。flyやhurry, jumpなどの「移動の仕方(様態)を表すもの」として、「英語にはこの種の動詞が150語は存在する。」(p.56)と書かれており、p.57にはbolt, saunter, scuttleなど挙げられているが、「150語」という具体的な数字を見たのは初めてだと思う。saunterとか、ちょっと使ってみたい。Could you keep our baggage while we take a saunter in the town?とか、旅行先のホテルで使えるんだろうか。わざわざ変な単語使って通じなかったらちょっと恥ずかしいなあ、とか思いながら読んでいた。あと付加疑問文でWe got to be very careful with personal information.にはhaven't we?というtagが付く(p.105)、というのはマニアック英文法、って感じで個人的には好きなんだけど。next Mondayの曖昧さ(pp.108-9)については、おれは「次の金曜日小テストするよー」っていうのを"We'll have a quiz next Friday"とか言ったことがある気がする。気を付けよう。あと、いつかのセンターで文法問題でhad betterの疑問文が出て、誰がこんなん使うかみたいなことを言っていた先生がいたけど、"Hadn't you better leave now?"のようにhad betterは「否定疑問文の形式を用いても丁寧な表現となる」(p.113)というのは、知らなかった。
 と、気付いたことは色々あるのだけれど、章の構成として、生成文法とか語用論とかいう風に分けることに、一体何の意味があるんだろう、と思った。別にどの部分が生成文法でどの部分が認知言語学か、なんて話はどうでも良いと思う。それよりも、例えば「感情を表す形容詞」として13と20はまとめて置いておいた方がいいんじゃないか、とか受け身という意味では11と21、自他の区別の意味では26と45、there構文の話として14,22,60など、内容ごとにまとまった方が断然読みやすい。「あれ、似たような話なかったっけ?」と前の方をペラペラ見ながら読まないといけない。あと、全て見開きで収まっているレイアウトのせいもあるのかもしれないが、説明が不十分なんじゃないかと思うところも多い。「ジョンは腹が立ったので」はbecauseを使わなくても、John angrily ~.と書けばよい(p.7)とか、「図書館に本を返した」が *returned the library a bookは変だ(pp.50-1)、とか、本当にそうなのかなあと思う。「日本語���『変化』を表す文が、英語では『状態』として表されることはよく見受けられる。」(p.31)と言いつつ、p.47では池上先生の「英語は『する』言語、日本語は『なる』言語」を説明するというのは、ここだけ読むと矛盾するようで、もう少し深く説明して欲しいと思った部分もあった。(16/02/16)

2014/07/16 15:22

投稿元:ブクログ

畠山雄二/編
田中江扶/ほか著
田中江扶・谷口一美・秋田喜美・本田謙介・内田聖二・成瀬由紀雄の6名の「ことばの達人」が執筆。和文から英文に直すためには,まず,和文である日本語のしくみについて知らなければならない。そして,訳の英文である英語のしくみについても,日本語のしくみと同じくらいか,あるいはそれ以上に知っていないといけない。日本語の文法を知っているだけでは英語に訳せないのは当然だが,英語の文法をそこそこ知っているぐらいでは和文英訳はできないのだ。

2 件中 1 件~ 2 件を表示