サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

子供時代の特別な夏

2016/05/03 14:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌキネコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏休み、特に毎日特別なことをしたわけでもなく、絵日記もどう埋めようか~という日も結構あったのですが、特に小学校時代の夏休みというのは「特別だった」感があります。
じわじわ思い出させる絵本です。こどもたちだけの秘密のルール、兄弟への信頼、この世にない風景のなかで展開されるあれこれが、「かつてあった」ことを、じわじわと思い出させてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/22 17:32

投稿元:ブクログ

最初のページから、好きだ!と思った。
そうゆう本に出会うと胸がいっぱいになる。
絵柄がロストシングとは感じ違うけど、これも好き。
センス絶妙だよ。
うさぎ超こわいし。
1ページ1ページ、最高って思いながらめくった。
今日は渋谷の図書室で読んだけど、この本買おう。

2015/03/20 08:12

投稿元:ブクログ

ショーン・タンの世界へようこそ。どこか懐かしくて、切なくて、ぞくっとする怖さもあるふしぎな物語。兄弟の夏の思い出。

2016/10/01 22:21

投稿元:ブクログ

どういうことなんだろうか…。

油絵の筆使いがかっこいい。

色を効果的に使っている。色味の少ないページで不安にさせておいて、カラフルな絵でホッとさせるのがうまい。というか、普通に安心した。

2014/09/03 11:01

投稿元:ブクログ

少し薄暗くて不穏で不思議な生き物と共存する世界に住む、兄弟。
世界は不思議なんだけど、兄弟の姿は「あるある」といいたくなる微笑ましさ。けんかしたり、意地を張ったり、危ない時にはお兄ちゃんが助けに来てくれる。
絵の中から「あーっ!」とか「えーっ!」とか思わず発してしまった声が聞こえてきそうな男の子たちの表情ににやりとしてしまう。

2014/08/15 23:49

投稿元:ブクログ

絵本は文章と絵が組み合わさって出来ているという事が納得できました。文章は普通、絵は不思議。二つが一つになって意味をなし、ショーン・タンの世界観を感じられます。素敵な絵本です。

2014/05/26 11:57

投稿元:ブクログ

Shaun Tan - Rules of Summer
http://www.rulesofsummer.com.au/#!home

河出書房新社のPR
「『遠い町から来た話』収録の「ぼくらの探検旅行」に登場する著者自身の兄弟がモデルの物語。ショーン・タンからの、夏の贈りもの! 」

2014/09/03 23:19

投稿元:ブクログ

この絵をこのタッチで描くかーという、ね。

内容はファンタジック、且つ愉快で奇妙。
手元において置きたくなる一冊(ただし大判)。

2014/07/24 09:40

投稿元:ブクログ

小さい人と、大きい人に——絵本の魔術師、ショーン・タンが贈る最新作は 『遠い町から来た話』収録の「ぼくらの探検旅行」に登場する、著者自身の兄弟をモデルにした物語!

2014/12/30 09:53

投稿元:ブクログ

月イチ絵本。
最近は全然月イチじゃないが・・・(笑)
絵本選びの基準は「なんとなく」とか「表紙が気に入ったから」とかで決めているのでこれもテキトーに手に取った。
しかしまあ・・・
これはコワい!
このコワさは何と言ったらいいのでしょう。
睡眠中に夢を見ていて、現実的だった夢が徐々にメチャクチャなありえないおかしな世界になっていく時ってあるじゃない?
「あれ?あれ?なにこれ?」ってなっていく時。
そんな感じのコワさがある絵本。
僕が好きな瞬間。
そんな感じでこの絵本は好き。
いい絵本を手に取った。
大正解。

10 件中 1 件~ 10 件を表示