サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2015/03/17 17:34

投稿元:ブクログ

難病になった著者。いや、難病であったことが判った著者、というべきか。

専門医にかかり、治療をうけて、今までの(人には判ってもらいにくかった)種々の不調や難がそれなりに軽快し、へたりへたり、ぶり返しぶり返しながらも一応「なんでも/できる」ようになった、その自分なりには「上出来」のようすを綴る軽やかさ。

調子が悪くないって、こういうことやったんかーという感動。それは、体力なし子で一時は慢性の病名を告げられたことのある私にも少し分かる。想像できる。

「あとがき」に、著者が自分のこの身体性こそが社会性だと書いていて、そこに共感した。腑に落ちた。

▼心の内側から見た時見えるものがある。構造から自由なもの、生きているかのように描かれるもの、それが文学だ。
 精神とは個人の中で宇宙となり、外との直な関係性なしで動きうるものだ。それを描き究めることは自分のしたいこと、文学の役割のひとつだと言いたい。
 …(略)…
 結局、どんなに私小説から遠い作品を書いても、どんなに身の回りの「自分の事だけ」を書いても、「他者がない」と言われても私にはこの病がちの肉体があった。どう出るか判らない他者としての持病。 …(略)… 
 これからも「他者がない」と誤解される小説を平気で書いていく。身体性は私の社会性だから。(pp256-258)

この著者の名は知っていて、なんどか本を手にとったこともあるのだが、難しかったり、よくわからなかったり、これまでどうも読めなかった。が、この本を読んで、ちょっとまた挑戦してみようと思い、なんどか文中にも出てきた過去の作品が入った『三冠小説集』の文庫を借りてきてみた。

(3/14了)

2015/05/31 15:11

投稿元:ブクログ

ひとくせある文体で最初は読みづらかったけど、だんだん慣れて楽しめるようになった。これはエッセイ?私小説?他の作品はどうなんだろうなあ。

2016/11/15 18:13

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB1634508X

2014/06/03 06:47

投稿元:ブクログ

群像2014年4月号・5月号
http://gunzo.kodansha.co.jp/27915/30760.html
http://gunzo.kodansha.co.jp/27915/31387.html

講談社のPR(版元ドットコム)
http://www.hanmoto.com/jpokinkan/bd/9784062190169.html

2015/07/08 06:29

投稿元:ブクログ

「混合性結合組織病」と診断された作者の記録。
記録は詳細で、専門用語を使った説明もあって、ちゃんと「闘病記」として成り立っている。
でも、笙野頼子らしさは全開。
当たり前だけど、ある病気と診断されたからといって人は急に変わるわけではないし、逆に人が全く病気に影響されずに生きるというのも無理な話、と気づかされた。
病気の症状もその人らしさに影響するんだな、と思った。
あと「あとがき」がものすごく良い。

2014/09/24 00:27

投稿元:ブクログ

もの凄いエネルギーのようなものを感じた。

笙野頼子本人が、私小説作家として、自身の作品に新たな解釈の手掛かりを与える? 与えているようで与えていないのかな。作家研究と小説の解釈は違うような。過去の小説を書いていたとき、笙野本人は病気について知らなかったのだから。
もちろん、読者に新たな読み方を与えてはいる。でもそれは解釈とは別物であるような。

2015/02/28 21:58

投稿元:ブクログ

自由自在な文に翻弄されながら、引き込まれる。闘病記というより、頭の中の取り留めも無いものを徒然に…という感じで、生身の感情とか、病と幸福感とか、後書きなどでもまた、人類の普遍的なものに通じるような。
病が日常になると、欲が出ることは、我が身を持って、頷く。

7 件中 1 件~ 7 件を表示