サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

医療詐欺 「先端医療」と「新薬」は、まず疑うのが正しい(講談社+α新書)

医療詐欺 「先端医療」と「新薬」は、まず疑うのが正しい みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2014/11/26 13:46

投稿元:ブクログ

いつの頃からだろう、病院や大学医学部を訪れると、明らかに病院関係者ではない、スーツを着た男女が、医者のことを「センセイ」などと呼んで親しげに話していることに気付くようになったのは。やがて、彼らが医薬品等のメーカーの営業担当者だということを知った。そして、医師と医薬品営業マンとの日常的な接触を見るにつけ、その密接な関係に思いを巡らさざるにはおれなかった。

筆者は、医薬品業界と医師との癒着、中医協の歪な薬価決定による国内医薬品会社の開発力低下、医師不足による事故の多発など、現在と近未来の医療現場の寒々しい状況を具体的に描き出す。

国立病院や大学病院を経て、現在、東大医科学研究所の特任教授である筆者が実際に見聞きした事実を基に述べられているだけに、その言葉は重い。

他方、国立病院が患者よりも国策を優先するのは、その前身が旧日本軍の病院だったから、などという筆者の主張は、視点は面白いが、若干説得力を欠くようにも思う。

また、中医協による薬価の決定などについて、問題点の指摘に止まらず、筆者ならではの改善策まで示して欲しい。

ともあれ、現在の日本の医療の問題点を一通り把握するには便利な1冊だ。東大の教授というメインストリームにありながら、医学界への厳しい批判を続ける筆者には、これからもその立場から、建設的な批判を続けて欲しい。

(2014/11/28読了)

2014/09/24 21:59

投稿元:ブクログ

医師としての経験から,日本の医療システムの問題点を指摘。医療ムラや地域格差といった歪みの根っこには,国家による統制,特に価格統制があるという主張で,それを打破する突破口として混合診療の解禁を訴えている。
歴史的に構築されてきた医療制度が多くの面で弊害をもたらしているというのはうなづける。ただその流れを変えるという混合診療についてのデメリットが特に挙げられていないことや,日本医師会や国立病院をかなり悪玉的に書いていることなどには不満も残った。全体として,明快すぎて頭から信用はできないなという印象。

2014/10/26 21:37

投稿元:ブクログ

先端医療・新薬を取り巻くさまざまな現状の問題点。
国立病院の生い立ちは日本軍から派生しており体質は軍隊を元に成り立っている。
歴史的に日本の医療は戊辰戦争で反逆した地域では相対的に遅れている。
この先日本において総合医を育成することで医療費抑制を図ることを提言。

2015/01/19 13:53

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB16303909

2014/09/13 11:12

投稿元:ブクログ

問題意識の強さからなのか、筆が走り気味で特に前半は説得力が今一つだが、後半の医師不足やその原因についての主張はよくわかった。

政治家はもとより業界団体や役所に期待できないとなると、草の根からということか。

2015/05/25 19:25

投稿元:ブクログ

STAP細胞騒動、終わりなき患者のたらい回し、何を信じてよいのかわからない高度医療の実態……、医療崩壊列島ニッポンで超高齢社会を生き抜くための知恵を、「医療ガバナンスの旗手」が授ける。本当に役立つ医療とは? 医療をダメにする本当の「癌」とは? 患者=一般市民だけが知らない「医療の不都合な真実」を糺す!

6 件中 1 件~ 6 件を表示