サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ロシア・ピアニズムの贈り物

ロシア・ピアニズムの贈り物 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/02/26 01:10

投稿元:ブクログ

少しずつ読書

・前半〜ロシア・ピアノ音楽史。(モスクワ音楽院で実際に行われている授業のようだった。)
脈々と毛細血管を経て端々にまで血液を送り込んでいくかのように世界中(西欧〜ロシア〜日本、アメリカ)に受け継がれてゆくピアニズムに、改めて伝統芸術たる所以を確認。
そしてあまりに毛細血管が端々まで広がってゆく現実にやや気後れしてしまった。


どう受け取るかは読み手の感受性に掛かっているだろうと思った。

人との出会いで人生が決まる、か。。

2014/07/11 14:34

投稿元:ブクログ

映画音楽は甘い旋律が多いよね。。。

みすず書房のPR
http://www.msz.co.jp/book/detail/07843.html

2015/02/05 07:56

投稿元:ブクログ

 リヒテルやホロヴィッツのピアノは<これが同じピアノなのか>と思うほどの艶と輝きがある。そのリヒテルと若い時にコンテストで一位を分け合ったメルジャーノフに師事した著者は叱咤激励された。
    腰から弾け!
    ファンタジーレンせよ!
    ‥‥
 ラフマニノフ、ホロヴィッツなどの巨人のピアノを想い起せば、よくは分らないながらも<なるほどな‥>と思わされる。


 

3 件中 1 件~ 3 件を表示