サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

性犯罪者の頭の中(幻冬舎新書)

性犯罪者の頭の中 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.6

評価内訳

14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

ジャーナリストの視点

2015/12/13 02:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

性の犯罪は氷山の一角だとよく言われる。その、わずかな一角に焦点を当てた本書は、やはりジャーナリストの視点で書かれている。NHK報道局の記者だとか。この種の書はふつう、心理学者や精神科医が手掛けることが多いだけに、そうした専門家とは違う視点が読みどころだと受け止めた。「これはゲームだ」と帯にあるように、普通の人間には理解しがたい心の闇が存在するのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/19 23:12

投稿元:ブクログ

性犯罪は性欲と暴力を以って成されると思っていたが、緻密な計画性、鋭い観察力、強い達成欲が必要で、知的と言ったら「知」に失礼だけれど、頭脳的な能力も必要なのだと知りました。
問題はその頭脳の働きが、卑怯な、まさしく卑怯な方向で行使されること。
魂の殺人を許す気はさらさらないけれど、性犯罪は本能の暴走であり、基本は衝動だと思っていたら、逃れることも減らすこともできないと思います。

2015/06/30 16:56

投稿元:ブクログ

タイトルはキャッチー。内容は広く浅い。もっとつっこんだ取材で「頭の中」の深みが読みたかった。そもそも無いのか。

2015/08/23 18:58

投稿元:ブクログ

性犯罪→性欲のみ というバイアスに異を唱える書。複数の事例を取り上げ、浅く広く多角的に性犯罪者を分析していて勉強になった。

2014/08/18 15:46

投稿元:ブクログ

男の人は性欲でなくて可能性で勃起することがあると宇多さんがゆうてたけど、なるほどなあ。
日本でも外科的去勢、化学的去勢を導入すべきと思うけど。女性の政治屋がもっと増えないと無理?
赤線復活したらええんか。うーん…

2014/06/14 10:33

投稿元:ブクログ

帯に「性欲じゃない。これはゲームだ!」とあるように、性欲由来と思われがちな諸問題をあぶり出した一冊。累犯の多さや認知の歪みについても、成る程と深く納得。
となると、再犯防止策について是非とも知りたいところではあるが、その辺はなかなか難易度が高そうではあるが、それは性は実存と切り離しては考えられないから故なのだなぁ。

2015/10/03 20:24

投稿元:ブクログ

いわゆる「性犯罪の神話」を粉砕するものとして有用。
本書では書かれていないけど、「女の子」をロールプレイングゲームの賞品みたいに扱うメディアやエンタメも問題なんじゃないかと思うよ。
ちょっとくいたりないけど、そこはまあ、他の本で補完せよと。

2014/10/16 15:15

投稿元:ブクログ

過去にこの手の事件を担当したことがあり,なぜこの犯罪を犯したのかと山ほど話し合ったが,結局最後まで理解できなかった。もう少し早くこの本と出合いたかった。

2015/06/30 22:06

投稿元:ブクログ

性犯罪者の頭の中。
この本ではほとんどわかりません。
性犯罪者にはわからないことがたくさんあることと、
効果的な対策や更生プログラムがほとんどないことしかわかりません。

2014/06/07 03:13

投稿元:ブクログ

性犯罪=「性欲からくるもの」ではないことが分かった。社会の中で起こる鬱屈とした感情の吐き出し口として半社会的な行動をしたい、また誰かを服従させたい。そういった性欲だけではない動機があることを理解することが、加害者の抑止、更正に繋がる。性犯罪に限らず出来事の本質を考えなければ、根本の解決にはならない。そういったことに気づかせてもらえた。
最も心に残る言葉が記されていた。「人間の行為の動機は犯罪であれ、恋愛であれ、職業選択であれ、根底の根底でまでゆけば言葉にならないものであろう…(中略)語り得ぬものを語ろうと試みることに、何がしかの価値がある」。性犯罪は加害者にしろ、被害者にしろ、またその家族にしろこう言った思いを抱えているのではないかと感じた。彼らの言葉にならなかった思いを読者に伝えようとしたことにこの本の意義が感じられた。

2014/11/29 15:10

投稿元:ブクログ

犯罪者がおかしくて、普通の人は聖人君子である、という二元論でもないし、だれでも性欲はあるしな。かといって個人的には、少なくとも去勢とかすればいいじゃんとか思うし、難しいハナシですね。でもやっぱ怖いので、自分の子供は一人で帰らせたりできないよな。

2016/08/06 13:15

投稿元:ブクログ

私も世間同様の思い込みがあったので
なかなか新しい観点と面白く読んだ。
でも、せっかく実際の加害者と話したなら
逆にどういう対応を被害者側がとれば
未遂で終わらせられる可能性があるか、
という役に立つ視点の問いが欲しかった。
多分取材担当が男性だからだろうけど、
自分でもやめたいと思う人たちが多いならば
万が一襲われた際にそのやめたいスイッチを
そこで入れられるきっかけが知りたい。
ないのかもしれないが、あるかもしれないし。

2014/08/29 13:12

投稿元:ブクログ

(簡潔)
○犯罪者の更正やその心理等についての著作の多い鈴木氏の作品。
○性犯罪者へのインタビュー等を踏まえ、その犯罪に至る経緯や動機、更正手法の提言などを行っている。
○なぜ「フツー」の人が犯罪に手を染めるのか、生々しく伝わってくる。

2016/06/22 16:47

投稿元:ブクログ

報道の情報は性犯罪=性的衝動というイメージを与えてくるが、それは「神話」に過ぎない。加害者本人はもちろんだが、私達も性犯罪に至るプロセスを分析・理解する必要がある。それが性犯罪者の更生や再発防止に繋がるのではないか。
しかし、性犯罪には未だに解明されていない部分が多く、たくさんの課題があるのだということを思い知らされた。

14 件中 1 件~ 14 件を表示