サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/10/24 18:29

投稿元:ブクログ

ヴァイオリニスト 穴澤雄介氏とは直接にあったことがあります。小さなお店で開いたライブのお客さんになったこともあるし、友人が企画したライブハウスでのライブでモギリのお手伝いをしたこともある。だから、図書館でたまたま手に取った本の著者が穴澤さんであったこと(図書館の本の背表紙に書かれた著者名は、分類ラベルに隠れていて、書棚から手に取るまで、この本が穴澤さんの本であることに気づかなかった!)に、穴澤さんの「強い惹き」のようなものを感じずにはいられませんでした。

今の僕にとってこんなに勇気付けられる本はありませんでした。単なる成功体験、サクセスストーリーではなくて、物事の捉え方、考え方を自分で変えていくことで自分の人生を積極的に切り開いていく、まさにその「切り拓いていく」ということはどういうことなのか、というのをまざまざと見せつけてくれたように思うのです。

穴澤さんはエピローグで「自分のまわりに元気になって欲しいなと感じる人がいたら『面白い本だったから読んでみて!』と言ってこの本をそっと渡して欲しい」と書かれていました。図書館の本なのでこの本そのものを誰かにあげてしまうことはできないけれど、是非、この本を多くの人たちに読んでもらいたいと思います。

「この本、面白い本だったから読んでみて!」

最後に、著者紹介の項に今までに14枚のCDをリリースしていらっしゃるとありました。僕は今の時点で3枚?しか持っていないと思うのですが、これから少しずつぼちぼち求めていこうと思っています。

最後にもう一度書いておこう。

「この本、面白い本だったから読んでみて!」

1 件中 1 件~ 1 件を表示